児童書のおすすめ本

スポンサーリンク
児童書のおすすめ本

本の感想:りゅうはどこにいる(しかけの名作)

りゅうはどこにいる(しかけの名作) リチャード ホーク(絵) ジェイソン ホーク(作) きのしたあやの(訳) 「ほんに かくれて いる りゅうを なんびき みつけられる?」 といった作者からの挑戦をうけて、絵本...
児童書のおすすめ本

本の感想:つきのふね

つきのふね 森絵都(著) 『つきのふね』は、この作品の舞台となっている1998年に出版された森絵都の児童書である。 児童書として書いた、とは作者本人が言っている。 本書を読む前にわたしがタイトルから想像したイメージは、「やわらか...
児童書のおすすめ本

本の感想:世界一のランナー

世界一のランナー エリザベス・レアード(著) 「毎日、学校に走って行き、走って帰る少年で終わりたくない。」 主人公の少年ソロモンは、エチオピア生まれの11才。走る事が好き。夢は、エチオピア代表として世界一のランナーになることだ...
児童書のおすすめ本

本の感想:江戸川乱歩/緑衣の鬼

少年探偵江戸川乱歩全集〈34〉緑衣の鬼 江戸川乱歩(著) 「人間豹」に匹敵する作品だよ、と中学一年の息子が言っていたので読んでみた本。 江戸川乱歩の少年探偵シリーズでも異色の「人間豹」がどれくらい世の中で評価を得ているのか...
児童書のおすすめ本

本の感想:ホームレス中学生

ホームレス中学生【児童書版】 田村 裕(著) この話が、実は病気で亡くなった主人公の母親にささげる話だったとは。
児童書のおすすめ本

本の感想:ねずみとおうさま

ねずみとおうさま コロマ神父(ぶん) 石井桃子(やく) 土方重巳(え) 全編ひらがなで書かれている本ではあるが、文章量は多い。 スペインという国名も「むかし すぺいんという 国に・・・」などと徹底してひらがななのだ。 ...
児童書のおすすめ本

本の感想:おとうさんがいっぱい

おとうさんがいっぱい 三田村信行(作) 佐々木マキ(絵) 小学生時代に考えたことは、想像力豊かだった。 しかし、わたしはその物語の結末までを考えたことがあったろうか。 三田村信行は、想像力を最後まで伸ばしてわたしたちに...
児童書のおすすめ本

本の感想:世界で一番の贈りもの

世界で一番の贈りもの マイケル・モーパーゴ(著) マイケル・フォアマン(画) いとしいコニーへ と始まる手紙には、夫から妻に宛てた戦線での不思議な出来事がつづられていた。 訳者の佐藤見果夢(さとうみかむ)さんのあと...
児童書のおすすめ本

本の感想:365日のベッドタイム・ストーリー

365日のベッドタイム・ストーリー 世界の童話・神話・おとぎ話から現代のちょっと変わったお話まで クリスティーヌ アリソン(著) 高橋 啓(訳) 1月1日から12月31日まで、一日一話読むことが出来る短い童話などが詰...
児童書のおすすめ本

本の感想:りゅうはどこにいる

りゅうはどこにいる ジェイソン・ホーク(作) リチャード・ホーク(絵) <しかけ絵本>というジャンルの本。 絵本にかくれている竜を探すだけのシンプルなしかけだ。シンプルなだけに大人から子どもまで一緒になって楽しめる。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました