死者に会える場所

Googleマップで時々自宅を見ることがある。
ストリートビューにすると、大抵は自分のいない時間帯の様子が写っている。
つい最近、自宅をGoogleマップで見た。
外に干した洗濯物の種類まではっきりとわかるくらい良く写っている。初期のGoogleマップより画質も向上しているようだ。

続きを読む

2017年5月のメモ

芸術には言葉に代わるものがあると思う。

梶原紀子/もうひとつの美術館館長

もうひとつの美術館

自立する子供たち

2014-10-04 at 09.47.00
【2014年10月4日 茨城空港】

子供の教育にお金をかけ、良質な教育を受けさせてあげることこそ大事だと多くの親は考えているに違いない。
親が望むいい学校、いい大学に通わせる。本人がやりたいと言ったわけでもないのに子供にピアノを習わせたり、外国語を学ばせたりしているのは、その典型だ。

続きを読む

英語の勉強

わたしは中学校2年生のとき英語が嫌いだった。
正確に言うと、英語自体が嫌いだった訳ではなく英語を担当していた先生が嫌いだったのだ。
見本として先生が教科書を読む上げるときの発音が変だ、とわたしは思っていた。
また、毎回お決まりのように先生と生徒が掛け合う英語の挨拶

先生: Good morning everybody!
生徒: Good morning 先生の名前!

なども違うバリエーションはやらないのか、などと偉そうに考えていた。

続きを読む

俳句:春

こっちにも
春が来たぞと
山桜

長崎瞬哉