スポンサーリンク
長崎瞬哉(詩人)

短歌:未来

ごめんねも 言わない君に 腹を立て いつか笑顔で それを語るよ
長崎瞬哉(詩人)

詩:時間

電車の中で 泣き叫ぶ赤子をあやす夫婦がいた
長崎瞬哉(詩人)

詩:人生

詩:人生 窓の外は晴れていた。 玄関を出ると雨だった。
そういう気持ち

終わらない世界

ある人が「花」と見れば花だし、ある人が「雑草」とすればそれは雑草だ。 草刈りをしている最中に、草を選別している自分がいる。
面白かった本(その他)

本の感想:コロナ論3

本の帯に「このままではメディアと専門家にこの国は殺される!」と書いてあった。 本だってメディアだろう、という話はさておき、時々小林よしのりの漫画を読むようにしている。
面白かった本(小説)

泡沫の 人の世映す 鬼の夢 ~ 本の感想:鬼人幻燈抄/江戸編 幸福の庭

鬼がいかにして生まれるか? 鬼と鬼の交わりによるもの。2つ目に鬼と人との交わりによるもの。3つ目に人の心から。 とりわけ3つ目の「人の心から」生まれる鬼という考え方が興味深い。
そういう気持ち

「新しい時代を作るのは、老人ではない」

「新しい時代を作るのは、老人ではない」 とは、Zガンダムでシャア・アズナブルが主人公の若者カミーユ・ビダンに対して放った言葉だ。 たぶんこれは真実だ。
そういう気持ち

JAPAN as ウォッシュレット

海外から日本に帰って真っ先に気づくのは便座に座った時だ。 おしりが洗えるからだ。
長崎瞬哉(詩人)

俳句:初夏

朝日より 夕陽がすきだ なんでだろ
長崎瞬哉(詩人)

詩:存在

「それ」は、ずっとそこにあった。 たぶん「それ」は、私の小さな頃からそこにあったと思う。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました