2017年5月のメモ

芸術には言葉に代わるものがあると思う。

梶原紀子/もうひとつの美術館館長

もうひとつの美術館

自立する子供たち

2014-10-04 at 09.47.00
【2014年10月4日 茨城空港】

子供の教育にお金をかけ、良質な教育を受けさせてあげることこそ大事だと多くの親は考えているに違いない。
親が望むいい学校、いい大学に通わせる。本人がやりたいと言ったわけでもないのに子供にピアノを習わせたり、外国語を学ばせたりしているのは、その典型だ。

続きを読む

英語の勉強

わたしは中学校2年生のとき英語が嫌いだった。
正確に言うと、英語自体が嫌いだった訳ではなく英語を担当していた先生が嫌いだったのだ。
見本として先生が教科書を読む上げるときの発音が変だ、とわたしは思っていた。
また、毎回お決まりのように先生と生徒が掛け合う英語の挨拶

先生: Good morning everybody!
生徒: Good morning 先生の名前!

なども違うバリエーションはやらないのか、などと偉そうに考えていた。

続きを読む

俳句:春

こっちにも
春が来たぞと
山桜

長崎瞬哉

Other side of the 軽トラ

DSC04827

こんにちは。
『人生は読めないブログ』にようこそ!
2017年2月の最終日です。

生きている限り、人生は読めません。

続きを読む

本の感想:望郷

望郷 (文春文庫)

望郷
湊 かなえ(著)

湊かなえの小説は、中島みゆきの唄に似ている。
中島みゆきの唄は、「ファイト」「時代」に代表されるように過去が暗く、辛い状態であったことを肯定しつつも、今を生きていることに勇気を与えてくれるものが多い。
「望郷」もそんな小説の一つだ。

続きを読む

詩:忘れた記憶


人生の航路を踏み出してからの君は、もしかすると誰からも祝福されることがないかもしれない。
どうせ私なんて、と考える日もあるだろう。

続きを読む