スポンサーリンク
長崎瞬哉(詩人)

詩:二口目

一口目のお酒のなんと美味しいことか! 二口目、三口目と飲むにつれ薄れゆく感動 いつか真実は自分の中にあると知る
面白かった本(小説)

本の感想:嫌われ松子の一生/山田宗樹

読後、自分も含めた出会う人全ての人生に思いを馳せることになる。 ミステリー小説っぽいありきたりな冒頭イメージを見事に裏切ってくれる小説。
長崎瞬哉(詩人)

詩:歴史を食べる

今日わたしが死んだら、歴史はそこで終わるのか。 わたしの歴史を食べてくれる人がいたらいい。
言葉

言葉:ロボット

自分の世界にロボットをとどめたいなら、 自分でぜんまいを巻かなくてはなりません
長崎瞬哉(詩人)

俳句:木の葉

はらはらと 落ちる木の葉に 何を見る
そういう気持ち

小惑星に人工衛星をぶつけるくらいには

SNSを使って一国を滅亡させることが出来るとまでは思わない。 でも…
ハウツー

SOTOマイクロトーチが点かないときの最終手段

燃料を充填してもSOTOのライターが突然点かなくなってしまった。 そんなときは、素直にSOTOのお客様センター(0120-75-5000)に電話するが吉。
アイデア

書くことは辞書でみつける

言葉というのは面白いもので、色々な言葉に遭遇すると色々な考えが浮かび上がる。
IT知識

ユニオンバンクを解約したときの海外送金手数料

結論からすると、 474843円 振り込まれるのに8500円掛かった。
面白かった本(その他)

本の感想:アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した

働けば働くほど本人よりアマゾンやウーバーに多くのお金が入る仕組み。 これって形を変えた奴隷でしょ?というわけだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました