高校野球について

スポンサーリンク

「他の県のチームよりは応援している」
という程度だ。
高校野球で自分の住んでいる県代表のチームを応援するか、と問われた場合の答えとしては。
最近は強い学校に有望選手が集まってくることが多く、県代表と言われても地域性が薄れてきているためとても応援する気にはなれない。


私立高校に多くみられるが、学校の知名度をあげようとして有名監督を招き、スポーツ推薦などで特待生を募集する。
強いチームや著名な監督のいる部活動に入部できれば、県大会や全国大会で上位までいく可能性が上がる。
したがって、高校野球であれば、出身県に関係のない学生の高校野球チームが県代表として出場する。
高校野球のプレー自体は素晴らしいし、球児たちの甲子園にかける思いが悪いとは思わない。
しかし、そうしたチームを県代表として応援する気にはなれない、というだけだ。
ロンドンオリンピックに他国代表として出場しようと国籍まで変えてのぞんだ日本のお笑い芸人がいた。
出場できなかったが、結果としては出場できなくて良かったと思う。
出場できるから、と他県に引っ越したり、国籍を変えたりすることは全く同じ行為だ。
「その本分とは何か」、を考えるとき、「自分さえ良ければいいのか」という気持ちがぬぐえないからかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました