本の感想:コロナ論3

スポンサーリンク
面白かった本(その他)

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論3
小林よりのり(著)

本の帯に「このままではメディアと専門家にこの国は殺される!」と書いてあった。
本だってメディアだろう、という話はさておき、時々小林よしのりの漫画を読むようにしている。

なぜ読むかと言うと、大手マスコミと正反対のことを言っていることが多いからだ。

年間にインフルエンザで亡くなっている人が新型コロナで亡くなっている人より多いにも関わらずなぜ新型コロナの時だけ皆マスクをするのだ?

もしコロナ禍がおさまってインフルエンザが流行り出したらコロナ同様にマスクして消毒してという対策をとらないと変だ。

などとしごく当たり前だがメディアでは誰も言わないことが書いてある。

この本もメディアである以上、書いてあること全てを鵜呑みにするかは別として世の中の大多数とは別視点を提供している点で評価したい。

ただ、漫画と思って手に取ると半分くらいは対談や資料など文章部分なのでご注意を。(年々、小林よしのりの漫画は文章部分が増えている気がする。漫画自体も文字が多いですし…)

Amazonで「コロナ論3」を検索>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました