児童書のおすすめ本59選

本の感想:いるのいないの

いるの いないの(怪談絵本3)
京極 夏彦(著)
東 雅夫(編集)
町田 尚子(イラスト)

怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)

小さい頃に読むとトラウマになりそうな絵本だ。
大人のわたしが見ても最後にゾッとした。

なぜかばあちゃんちで暮らすことになった男の子が、古い家で見てしまったモノ。
天井が高く、水平方向に太い梁(はり)がある。見上げると暗い昔ながらの日本家屋。
<夜>や<暗さ>というものは、見えない何かがいるのではないか、という想像力を膨らませるのには好都合だ。
わたしが子供のころに住んでいた家は座敷の天井が高く、昼間でも薄暗い雰囲気だった。その薄暗い中に何かいるのではと感じた記憶がこの絵本で蘇ってきた。

町田尚子さんのイラストによるところが大きい。
見上げる視点と見下ろす視点。わざと怖がらせるようなアイテムの配置。
恐がりの子が見ると本当に夜トイレに行くのが怖くなりそうなので、最後のページは恐がりの子には見せないで下さい。
でも、絵はなぜか引き込まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA