Unityインストール済みのPCに後からUnity Hubを使って別バージョンのUnityをインストールした場合のフォルダ構成

スポンサーリンク
IT知識

もともとUnity 2018をUnity Download Assistantを使ってインストールしてあった。
当然Unity本体Unity.exe)のインストールフォルダは、

c:\Program Files\Unity\Editor

となる。

この環境にUnity Hubをインストール。その後、Unity Hubのインストール機能を使って別バージョンのUnity 2019.4.28f1(LTSバージョン)をインストールした。

Unity Hubのインストール機能

もともとあったc:\Program Files¥Unityの中身は以下のようなフォルダ構成となった。

Unity Hubのインストールを使えば、Unityフォルダ内にバージョンごとのフォルダが作成されてインストールされる。かなり分かりやすい構成といえる。

上記、2019.4.28f1のフォルダを開くと通常のUnityインストールフォルダのようにEditorフォルダが存在している。

複数のUnityバージョンを共存させるには素直にUnity Hubを使うべき、ということだろう。

ちなみにUnityDownloadAssistant-20XX.X.f1.exeなどのインストーラを使ってインストールしてしまうと、既存のUnityフォルダが上書きされてしまうため、Unity Hubを利用せずに複数のバージョンのUnityを共存するには、事前にc:\Program Files\Unityのフォルダ名をc:\Program Files\Unity2018などと別名に変更しておく必要がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました