面白かった本(小説)

スポンサーリンク
面白かった本(小説)

本の感想:「流浪の月」/凪良ゆう

「ある事」を「気づかせてくれる」ためには「サピエンス全史」同様に小説でなくてもいい訳だが、読者をハラハラドキドキ楽しませながら「ある事」を「気づかせてくれる」力量が、著者凪良ゆう氏の力量なのだと思う。
面白かった本(小説)

本の感想:『何者』/朝井リョウ

読者は、主人公の大学生《拓人》と一緒に「ああこういう奴いるいる」などと最初は安全な場所から楽し気に眺めることが出来るはず。ところが雲行きが怪しくなってきて、最後に読者は主人公と一緒に崖から突き落とされる。 最後の最後に『何者』が何を...
面白かった本(小説)

星新一:『処刑』の感想

2020年に読んでの感想 『処刑』は、この記事を書いている2020年からすると60年ほど前の作品になるのだが、現代でも違和感なく読めるというのも星新一の凄さだろう。 舞台は地球が青い星として見えるぐらいの距離にある赤い星。地球...
面白かった本(小説)

本の感想:魔性の子/十二国記シリーズ第1作

魔性の子 小野不由美(著) 本作『魔性の子』は、十二国記(じゅうにこくき)と呼ばれるシリーズ小説の第1作。 ホラー、SF、ファンタジー、異世界、おまけに「人間とは?」まで問うなんでもあり小説が十二国記だ。率直に言って、十二国記シリ...
面白かった本(小説)

本の感想:たったひとつの冴えたやりかた

たったひとつの冴えたやりかた ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア (著) 浅倉 久志(訳) タイトルが秀逸。手に取ってみたくなる本だ。 15歳少女コーティと宇宙人とのファーストコンタクトを描いた表題作ほか2篇の作品が収録されてい...
面白かった本(小説)

本の感想:82年生まれ、キム・ジヨン

82年生まれ、キム・ジヨン チョ・ナムジュ(著) 斎藤真理子(訳) 一風変わった小説『82年生まれ、キム・ジヨン』 一人の韓国人女性キム・ジヨン氏の診察記録(カルテ)という形の一風変わった小説が『82年生まれ、キム・ジヨン』だ。...
面白かった本(小説)

本の感想:ベーシックインカム/井上真偽

ベーシックインカム 井上真偽(著) はじめに断っておくと、本書はベーシックインカム論ではなくミステリー短編集である。 わたしは本書を、ベーシックインカムについて多少は知っておくかぐらいの気持ちで手にしたのだったが、いい意味で裏切ら...
言葉

名言集:銀河英雄伝説外伝3 千億の星、千億の光

銀河英雄伝説外伝〈3〉千億の星、千億の光 田中芳樹(著) 銀河英雄伝説の魅力は、敵味方という枠組みを超えて人間や戦争について考えさせられる点です。脇役もいい味だしてます。 「ラインハルトさま、どうか...
言葉

名言集:銀河英雄伝説外伝1 星を砕く者

銀河英雄伝説外伝1 星を砕く者 田中芳樹(著) 銀河英雄伝説外伝は、ヤン・ウェンリーと戦いをともにしたユリアンの視点で描かれています。 ヤン・ウェンリー亡き後、ヤンの意志を継ぐユリアン。回顧録とも言える味わい深い作品で...
面白かった本(小説)

本の感想:月の満ち欠け/佐藤正午

月の満ち欠け 佐藤正午(著) 「こんな話があったら面白いなあ」これがわたしの正直な感想だ。 冒頭に提示される「なぜ?」が読むにつれて深まっていく不思議な小説。 もちろん『月の満ち欠け』を最後まで読み終えたら、冒頭の「なぜ?」回収...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました