2012年04月一覧

NO IMAGE

みんな何かの役割をもって生まれてきた/「ぼくは戦場カメラマン」渡部陽一(作)を読んで

ぼくは戦場カメラマン 渡部陽一(作) ぼくは戦場カメラマン (角川つばさ文庫) それが「ぼくにできること」なのです。 と、この本の作者である...

記事を読む

NO IMAGE

子どもは、怖い話が大好きだ。なぜなら、そこに「死」のリアルがあるからだ/怪談レストラン32「死神レストラン」

死神レストラン (怪談レストラン32) 責任編集 松谷みよ子/絵 たかしよしかず 息子がこの本を読んでいるところを見たとき、漫画を読んでい...

記事を読む

NO IMAGE

たいせつなのは、自分の役目を果たすってことでしょ/デルトラ・クエスト3<2>影の門を読んで

デルトラ・クエスト 3〈2〉影の門 エミリー・ロッダ(著) 影の大王に仕掛けられた「四人の歌姫」の第2話です。 世の中には、「助けて!」を...

記事を読む

NO IMAGE

父への手紙

お父さん。お元気ですか? 【写真/2010年10月16日 飛行機をみている】 突然ですが、お父さんは、運が良かったと思います。 第2次世界...

記事を読む

NO IMAGE

人生は今を真剣に生きたなら、百年にも二百年にも感じられるのではないかと思う

平均寿命と呼ばれるものがある。 国によって、地域によっても違うようだ。 わたしの実家のある長野県は高いほうだ。わたしは、今現在住んでいる茨城...

記事を読む

NO IMAGE

生きるというのは、直前の記憶があるからこそ成り立つ行為だ/百人一首を間違って憶えていたこと

小さい頃の記憶力は今になって思えば超人的だ。 そう考えると、かつては誰もが超人だったのかもしれない。昔の自分にはかなわないことがある。 【...

記事を読む

NO IMAGE

なにに投資すべきか/ジェイク・バーンスタイン著 投資の行動心理学を読んで

投資の行動心理学 ジェイク・バーンスタイン(著) この本で言いたい事 「マーケットは感情によって支配されている」

記事を読む

NO IMAGE

本の感想/倉本聰著 – 「ニングルの森」を読んで

小学校3〜4年生から読むことが出来ると思います。 人間以外の視点から人間について語った本は多くあります。 本書は、ニングルの目を通して見た人...

記事を読む

NO IMAGE

携帯ゲーム機のPSPやDSには、なぜタイマー機能がついていないのか/制限時間で使えなくなる機能は子どもには必要だと思う

わたしは、自分の子に携帯ゲーム機や携帯電話を与えてはいません。 なぜなら、必要ないと思うからです。 【写真/2011年4月24日 インベー...

記事を読む

NO IMAGE

イラストレータ書類(.ai)をPDF形式に変換する安全な方法/イラストレータ9で複数枚印刷できないときの対処方法

PDF形式は便利ですよね。 現在出回っているパソコンであれば、MacやWindowsなどOSを問わずに利用できます。 印刷だけするのであれば...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク