食と人

スポンサーリンク

食べ物で思い出すのは、味だけではないような気がする。
美味しかった、ということよりも<誰と食べたか>ということや<どこで食べたか>ということの方が味以上に思い出に残っているものだ。

わたしの小学校時代は、土曜日が半日授業だった。お昼は家族と一緒に家で食べた。
そんな土曜日の昼食は、父の好きな長崎チャーメン(皿うどん)が多かったような気がする。
チャーメンは、細いパリパリの麺に肉・イカ・きくらげ・野菜等の入ったあんかけをかけて食べるのだ。わたしは、ソースをどぼどぼかけて食べていたように思う。
その時は大して美味しいとも思わなかった。
しかし、その当時を思い出すと、なぜか食べてみたくなる気がするのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました