児童書のおすすめ本60選

詩:黄色い空からこんにちは

言葉の偉大さに気づいた時はもう遅い。

人生の残り時間がカウントダウンを始めている。

「あーあ」と嘘ぶいてに空を見上げても、いつもの青い空だ。

空が黄色をしていたら気分はどんなだろう?

言葉には人の想像が入ることに気づく。風。

長崎瞬哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA