穀物の葉の色に擬態する芋虫

スポンサーリンク
好きなもの

芋虫を見ると毎度のことながら、「これが成長すると空を飛ぶのか!」と感動すらおぼえる。

クロメンガタスズメの幼虫(かなり巨大)とタバコガの幼虫(普通の大きさ)に遭遇した。
ちなみにどちらも蛾の幼虫。

毎日ミニトマトを収穫していたが、トマトの実や葉を食べる芋虫の擬態に気づかず大小2種類の芋虫と遭遇することになった。

遠くからみるとトマトの木があるようにしか見えないが、大小2匹の芋虫が写っている。

巨大芋虫

トマトの茎や葉の色とそっくりな巨大芋虫は茎にそって擬態。全長11cmあった。

頭部はたまに、凄いいきおいで動くことがあり怖い。

後ろの部分。黄色いので遠目にはトマトの花に擬態しているようにも見える。

小さな足はしっかりと茎をつかんでいて見た目によってはかわいい。

大きさをミニトマトと比べてみた。

ちなみに巨大芋虫はクロメンガタスズメという蛾の幼虫で、成虫するとこうなるらしい。(背の模様が人面っぽいのが特徴)

https://flic.kr/p/BFjvZZ より

小さい芋虫

全長3cm。小さいので分かりにくかったが、ミニトマトに頭をうずめているワルが一匹。(しかも青いトマトの実を食べているので擬態上手だ!)

小さい芋虫は生産性も高く、食べながらうんこもしていた。(消化が早すぎる!下痢じゃないだろうな)

小さい方の芋虫はタバコガという蛾の幼虫。野菜の葉や実を食べるいわゆる害虫である。

成虫するとこうなる。

https://flic.kr/p/aAdM8s より

参考

クロメンガタスズメ
大型の迫力のあるイモムシで、緑色、黄色、褐色など、色彩変異がある。
タバコガ類(タバコガ・オオタバコガ)|害虫について|病害虫図鑑|アースガーデン ~園芸用品~|アース製薬株式会社
「タバコガ類(タバコガ・オオタバコガ)」に関する説明と、関連製品を紹介しています。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました