洋服のサイズ

スポンサーリンク

私は10年前のリーバイスのジーンズをいまだに履いています。
ある意味このジーンズ古着(笑)かもしれません。
みなさんはファッションに敏感なほうでしょうか?それとも、鈍感なほうでしょうか?
私はどちらかと言うと鈍感なほうです。
気に入るとすぐにでも買うのですが、なかなか気に入る洋服ってないですよね。ですから、流行の服にすぐに手を出すこともほとんどないです。いいなあと思ったときは流行でなくなっている場合も多いです。私はこれを「流行が時差でやってくる」と言っています。
ところで既成の洋服って誰に合わせて作られているかご存知ですか。
なんと人ではなく、ハンガーなのです。
洋服はお店で売っているので、当然ハンガーやマネキンにかかってディスプレイされており、そのとき一番見栄えがいいようにデザインされています。
私たちは、人に合わせていない洋服を買っては「ちょっと袖口がきついな」などとうなっている訳です。
よく雑誌などでダイエットを特集している記事を見かけます。その中で「まずは理想のサイズの洋服を買って…」などと書かれていたりするとナンセンスだと感じずにはいられません。
ハンガーに合わせた服を着るためにダイエットするなんてナンセンスです。
ナンセンスボーイ&ナンセンスガールです。
人の体型など千差万別です。自分にぴったり合う服などそうそうあるものではありません。
もし自分にぴったりの服を着たければオーダーメイドの服を作るしかありません。ワイシャツやスーツなどでは最近は身近になってきました。少し余裕があれば手を出してみてもいいと思います。自分にぴったりと合うばかりか着たときに一番見栄えがいいようにデザインされるからです。中身が「ハンガー」でなく「自分」になるからです。
自分に合った服を作ってもらうことは、優雅な時間に浸れますが、それよりなにより自分を否定されることがなくなります。
で、冒頭の10年前のジーンズの話に戻ります。
ジーンズは着込むほどその人の体型に合ってくるので、買った当初より自分に合ったものになります。10年経ってやっと主役が自分になれたんだと思います。
洋服に自分を合わすこともいいですが、自分に洋服を合わせるともっといいですよ。
なにより、自分が好きになれます。
〓武田〓

コメント

タイトルとURLをコピーしました