児童書のおすすめ本60選

本の感想:悲しいとき

本の感想:悲しいとき

悲しいときー。バイバイしようとしてふり返ったらもうだれもいなかったとき」などと1人が叫んだあと、もう1人がスケッチブックに描いた絵を見せつつ同じセリフを叫ぶ、というシンプルな芸が《いつもここから》のデビューネタだった。


悲しいとき
いつもここから(著)/2001年初版発行

本書は、著者はお笑いコンビ《いつもここから》のお笑いネタを本にしたものである。
まず絵がうまい。あと、絵のアングルが秀逸なのだ。

わたしは買った本を割とすぐに処分してしまうたちなのだが、この本はずっと我が家の書棚に残っている。今みても十分面白いので手放したくないのだ。

わたしが好きなネタは、

悲しいときー
家に遊びに来た友だちがじゅうたんで手をふいていたとき

悲しいときー
みんなにお菓子を配ろうとしたら みんなにいらないって言われたとき

悲しいときー
配っているティッシュを自分だけもらえなかったとき

あたりか。その他のネタと絵ももほとんど好きだが。

実は本書の巻末には、お笑いネタではない本格的な漫画が掲載されている。
タイトルは、「HIMAO(ヒマオ)」。これも十分に秀逸だ。

本書の絵はコンビの1人である菊池秀規が描いている。
漫画家になりたかったとあとがきにあるのもうなずける。

お笑いネタの最後ではいつも「悲しいときー。夕日が沈んだときー」で終わるのだが、この終わり方もわたしは大好きだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA