偶然(ぐうぜん)か必然(ひつぜん)か?

スポンサーリンク

私の小辞林という名の国語辞書には、
【偶然】 思いがけないこと
【必然】 かならずそうなると決まっていること
と書いてあります。
先日、とある会場の来賓の話の中で、

教育とは「必然」(ひつぜん)である。

という言葉を聞きました。
偶然ではなく、必然だそうです。
その方の言葉はこう続きました。

昔から因果応報と言われています。
何事も原因があって結果がある。
よい結果を得たいのならば、よい原因を与えないといけない。
その為には、学校だけ、家庭だけでは駄目で、学校や家庭双方の協力が必要である。

と。
物事の結果には、必ず何がしかの原因がある、という考え方からきているのでしょうか。
「う〜ん。人生も又、然りだよなぁ。」
などと、その時は勝手に自分の中で締めくくってしまいました。
後で、よくよく考えてみると、自分の人生も全て「必然」だったんだろうか、と思えてきました。
〓武田〓

コメント

  1. 中森美紗 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    御来賓は正しいでしょうね。上記の考えについて本当に面白くて、偶然と必然の意味もう深く理解出来る。
    有り難うね。

  2. yellooooow より:

    ありがとうございます。
    偶然ってかさなりますよね。

タイトルとURLをコピーしました