人生は感情で動いている

スポンサーリンク

人生は感情で動いていきますよね。
「失敗したらどうしよう。」などと考えていると行動が消極的になったり、「失敗しても、まあいいか。」ぐらいに考えているとなんにでも気軽に挑戦したりするようになります。
大抵の人は、現在の自分の生き方の方向を変えることに消極的です。
理由は簡単で、「恐い」からです。
今の生活は決して楽ではなく、毎日辛いのだけれど、「この生活を変えたときに、更に悪くなったらどうしよう。」という感情が働くため、何もせずに現状維持を貫くのです。
自分で自分の行動にストップをかけていることが、毎日の生活の中でも多々あります。
−これ以上食べたら太るかも、とか
−これを言ったら笑われそうだからやめとこう、とか
−ここからだと挨拶しても聞こえなさそうなので知らないふりをしよう、とか
−この車売ったら、彼女に振られるんじゃないだろうか、とか
自分の「感情」が、自分の「行動」をコントロールしているとも言えます。
いつか自由に自分の行動をコントロールできるようになれば、自分が自分のご主人様になれるのではないでしょうか。
私自身はどちらかと言うと楽天的な性格なので、「失敗したら…」などとは考えることはほとんどありません。
昔は消極的な人を見るとイライラしていましたが、最近はそういう感情もあると考えるようになってきました。
やはり、傲慢になった方が負けです。
人生は「恐い」と思いつつも、挑戦はしていこうかと思います。
〓武田〓

コメント

  1. ろーどん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    どんなにいいだろうなと最近思います。
    今の自分は、自分の感情も目標も考えも床に置きっぱなしにして、その上を自分で尻もちついて潰しちゃっているので(要はつぶしている)
    いつからこんなに弱くなってしまったんでしょう。

  2. yellooooow より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    人間って弱い生き物ですよね。(生まれたての頃は一人でも歩けないですし…)
    今弱くなった訳ではない、と考えて今は自分が更に強くなる前の一歩だと思えば、ココロモ軽いです。
    〓武田〓

タイトルとURLをコピーしました