ワードプレス設置時に最初からSSL化したいなら一般設定をまず初めに変更しよう

スポンサーリンク
ロゴPC君 IT知識

ワードプレスを設置して最初からSSL化したい時は、まずワードプレスのダッシュボードから一般設定を変更しておくべき、という記事です。

使いたいテーマやプラグイン等をいろいろインストールしてしまってから後でSSL化するとあとあと変更場所が多くて面倒だから、という理由です。

ワードプレス側のSSL化設定はとても簡単です。
ワードプレスにログインし、ダッシュボードから

設定 > 一般設定

とたどりWordPressアドレス(URL)サイトアドレス(URL)の2項目をhttp://~からhttps://~に変更するだけ。(下記画像参照)

ワードプレス設置時に最初からSSL化したいなら一般設定をまず初めに変更しよう

これをする前に使いたいテーマや画像などをインストールやアップロードしてしまうとURLが一部だけhttpになっていたりして面倒。データベースを書き換えたりする必要もでてくるので余計面倒。だからまずはワードプレスの一般設定で下記項目を変更しておいた方が楽だ。

もちろんレンタルサーバ側のSSL設定があればそちらをまず有効にしておく必要がある。
わたしはXserverを使っているので、ドメインごとに設定可能な独自SSL設定の追加をしてから、上記の一般設定を行った。

ところで、GoogleのブラウザChromeを使っているとSSL化対応していないサイトは危険なページのように扱われていやですね。Googleに踊らされているようで。サイト上にフォームなど設置されていない見るだけのサイトなら特にhttps://~のようなアドレスである必要はないと思うのだが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました