児童書のおすすめ本60選

レビュー:Softbank 102Z/ULTRA Wifi4G その後

前回のレビュー記事:<レビュー:Softbank 102Z/ULTRA Wifi4G>でわたしは、
『Softbank 102Z』を使ってみての感想として悪い部分を書いた。
良かった部分もきちんと伝えねばと思いこの記事を書く。
残念ながら、機械自体の良さは伝えられないが、解約での対応の「良さ」は書くべきと思いここに記しておく。


まず、近所のSoftbankショップに解約手続きにいった。
わたしは本体ともどもインターネットで契約した。
本体は、一括購入したため33600円ほどすでにクレジットカード払いとなっている。契約後1ヶ月以内である。
基本的な使用代金は1ヶ月分まるまる支払わなければいけない計算だ。
あとは、俗にいう2年縛り(契約後、2年間使うことを条件に1ヶ月の使用料金が安くなっている契約方法)のため、2年以内での解約では、10000円弱の解約手数料がとられることになる。
受付で解約の理由を説明し、ほとんど使える状態ではないため出来れば本体代金は返して欲しいと伝えた。
まず本体とSIMカードの電話番号確認をされ、身分証明書の提示を求められた。
わたしの訴えはSoftbankショップでは即答できないらしく、本部と電話連絡をとってくれた。
ショップの対応も終始低姿勢であった。
最後は、わたしの購入した本体代金はすべてわたしの口座に後日振り込まれるということになり、月の使用料+解約手数料ともすべてお支払い頂く必要はありません、という結果になった。

Softbankショップの店員、本部の方の対応ともわたしの訴えにたいして懐疑の言葉をはさむことなく聞いてくれたことは感謝したい。
きちんと現時点での契約状況と解約時の代金説明などをわかり易く説明して頂いた。
機械や通信の品質では、良い点をあげられないが、そこで働く人は素晴らしく良い点をあげたいと思う。
SoftbankショップのSさん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA