ラズパイ:Wifiに自動的に再接続したい

スポンサーリンク
ラズパイ:C言語+WiringPi+圧電スピーカでハレ晴レユカイを鳴らす Raspberry Pi

ラズベリーパイをCUI環境のみで使っている場合、ルータを再起動などしてネットワークが一時的に切断されると再接続してくれない

CUI環境で利用できるネットワークマネージャwicd-cursesをインストールして設定するとWifiが切断された場合でも自動的に再接続できるようになる。

ネットワークマネージャ wicd-curses のインストール

ターミナルから

sudo apt-get install wicd-curses

でインストールできる。

wicd-cursesの起動と設定

ターミナルから

sudo wicd-curses

でwicd-cuesesを起動できる。

設定方法は以下画面キャプチャにて説明。

wicd-curses起動時の画面

自動的にWifiの電波をチェックして範囲にあるSSIDを表示してくれる。
現在接続中は緑色の文字で表示されている。
十字キーの上下で選択ができ、→キーでそのSSIDの設定画面に移動

設定の方法

ラズベリーパイを固定IPで設定して使っている方は多いと思うので、まずは固定IPを使用するに上下キーでカーソルを合わせ、Enterまたはスペースキーを押すことで設定ができる。CUI画面なので、各項目の [ X ] と表示された状態はチェックが入っている状態を表している。

固定IPでの設定例

例として以下の設定をした場合の画面キャプチャを示します。
各自の環境に合わせて置き換えて設定してください。

ラズベリーパイのIPアドレス192.168.1.25
ルータのIPアドレス(デフォルトゲートウェイ)192.168.1.1
ネットマスク255.255.255.0
自動的に再接続する

[ X ] チェックは上下キーで項目にカーソルを合わせてEnterキーまたはスペースキー
このネットワークに自動的に接続する」に必ずチェックを入れるのを忘れないでください。
Wifiのパスワードが上記画面では、********と表示されていますが、入力中は表示されているので分かりやすいです。

設定が全て終わったらF10キーを押して完了です。

これでネットワークが一時的に切断されても自動的に再接続するはずです。
ネットワークがもとに戻れば、1分もしないうちに再接続するので、かなり楽だと思います。

以上、ラズパイ:Wifiに自動的に再接続したいでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました