2012年 4月 の投稿一覧

みんな何かの役割をもって生まれてきた/「ぼくは戦場カメラマン」渡部陽一(作)を読んで

ぼくは戦場カメラマン
渡部陽一(作)
ぼくは戦場カメラマン (角川つばさ文庫)
それが「ぼくにできること」なのです。
と、この本の作者である渡部陽一は、最後に読者にこう語りかけている。
「人は何かの役割を持って、みな生まれてきた」という以前聞いた言葉を思い出した。

続きを読む

子どもは、怖い話が大好きだ。なぜなら、そこに「死」のリアルがあるからだ/怪談レストラン32「死神レストラン」

死神レストラン (怪談レストラン32)
責任編集 松谷みよ子/絵 たかしよしかず
死神レストラン (怪談レストラン)
息子がこの本を読んでいるところを見たとき、漫画を読んでいるのかと思っていました。
サイズが漫画本と同じで、装丁も漫画のそれに似ていたからです。
中身は「いないいないばあ」という赤ちゃん向けの本で有名な、松谷みよ子さんが責任編集した怪談ばなしの短編集です。
気軽に読めて、考えさせられる怖い話がいっぱいです。すでにこの「怪談レストラン」シリーズは、50巻以上出ているので、その中の一冊がこの「死神レストラン」です。

続きを読む

たいせつなのは、自分の役目を果たすってことでしょ/デルトラ・クエスト3<2>影の門を読んで

デルトラ・クエスト 3〈2〉影の門
エミリー・ロッダ(著)
デルトラ・クエスト III〈2〉影の門
影の大王に仕掛けられた「四人の歌姫」の第2話です。
世の中には、「助けて!」を言えずに助けを求める人びとがいます。
今回の「北の歌姫」にとらわれた「ある人物」はまさにその人かもしれません。

続きを読む

父への手紙

お父さん。お元気ですか?
Mom, Look at that air plane!
【写真/2010年10月16日 飛行機をみている】
突然ですが、お父さんは、運が良かったと思います。
第2次世界大戦、米軍の長崎への原爆投下で生き残ったのですから。
あのときの原爆で、多くの日本に住む人々が、悲惨な死を遂げたと聞いています。
当時のことを、わたしに話したとき、お父さんは、こう言いました。

続きを読む

人生は今を真剣に生きたなら、百年にも二百年にも感じられるのではないかと思う

平均寿命と呼ばれるものがある。
国によって、地域によっても違うようだ。
わたしの実家のある長野県は高いほうだ。わたしは、今現在住んでいる茨城県は、それより低い。
わたしの寿命は、変わってしまったのだろうか。
Naoya
【写真/2010年9月14日 風呂場の脱衣所で本を読む】

続きを読む

生きるというのは、直前の記憶があるからこそ成り立つ行為だ/百人一首を間違って憶えていたこと

小さい頃の記憶力は今になって思えば超人的だ。
そう考えると、かつては誰もが超人だったのかもしれない。昔の自分にはかなわないことがある。
2011-08-28 at 07.53.22
【写真/2011年8月28日 大子町投句大会】
小学校時代に百人一首大会というものがあった。
当時のわたしは、クラスメイトに勝ちたい一心で、たくさんの句を憶えた。
確か、40首以上は憶えたかと思う。それでもわたしは、たくさん憶えた方でもなかった。
なかには、100首近く憶えたクラスメイトもいた。

続きを読む

本の感想/倉本聰著 – 「ニングルの森」を読んで

小学校3〜4年生から読むことが出来ると思います。
人間以外の視点から人間について語った本は多くあります。
本書は、ニングルの目を通して見た人間ということになります。
2011-11-03 at 14.41.20
【写真/2011年11月3日 ツインリンク茂木ハローウッズの住人】
人間が発明した「電灯」や「文字」や「時計」、そして「土地の所有」、「お金」について…わたしたちにとっては、身近で大事なものが各章のテーマになっています。
各章は短く構成されており、読みやすいです。

続きを読む

携帯ゲーム機のPSPやDSには、なぜタイマー機能がついていないのか/制限時間で使えなくなる機能は子どもには必要だと思う

わたしは、自分の子に携帯ゲーム機や携帯電話を与えてはいません。
なぜなら、必要ないと思うからです。
invader_play
【写真/2011年4月24日 インベーダーゲームを作った】
遊ぶなら、外で遊んで欲しいという気持ちもあります。
ゲームなど大人になったらいくらでも買って遊ぶことが出来るのではないでしょうか。

続きを読む

イラストレータ書類(.ai)をPDF形式に変換する安全な方法/イラストレータ9で複数枚印刷できないときの対処方法

PDF形式は便利ですよね。
現在出回っているパソコンであれば、MacやWindowsなどOSを問わずに利用できます。
印刷だけするのであれば、相手にPDF形式の書類を渡せば、相手のパソコンにワードやイラストレータなどのアプリケーションがインストールされていなくても印刷できます。
そしてなにより、PDF形式にするとJPEGなどの画像形式に変換したときと違い、印刷したときにギザギザにならず、綺麗に印刷できます。
わたしは、イラストレータ9という古いバージョンしか使っていませんので、申し訳ありませんが、このバージョンでの方法です。
この方法は、イラストレータ9で複数枚印刷できないときの対処方法としても使えると思います。

続きを読む