YAMAHAルーターのコマンド一覧(RTX830)

スポンサーリンク
IT知識

YAMAHAルーターと格闘していた際に作成。

YAMAHAルーターRTX830にコンソールログイン(参考:RTX830コンソールログイン方法
)したときに

show command

を実行したときに表示されるコマンド一覧をテキストファイルにしたもの。
こちらからダウンロードできます。

ちなみに1316個もコマンドがあった。

rtx830_command_list.txt

1	administrator:          管理ユーザとしてログインします
2	administrator password: 管理パスワードを設定します
3	administrator password encrypted: 管理パスワードを設定します設定されたパスワードは暗号化して保存されます
4	administrator radius auth: 管理ユーザへの移行時のパスワード認証にRADIUSを使用するか否かを設定します
5	alarm batch:            バッチファイル実行機能に関連するアラームを鳴らすかどうかを設定します
6	alarm entire:           有効になっているアラーム音を鳴らすか、全く鳴らさないかを設定します
7	alarm http revision-up: HTTPリビジョンアップ機能に関連するアラームを鳴らすかどうかを設定します
8	alarm lua:              Luaスクリプト機能に関連するアラームを鳴らすかどうかを設定します
9	alarm mobile:           携帯端末接続時にアラームを鳴らすかどうかを設定します
10	alarm sd:               microSD機能に関連するアラームを鳴らすかどうかを設定します
11	alarm startup:          起動時のアラーム音の種類を設定します
12	alarm usbhost:          USBホスト機能に関連するアラームを鳴らすかどうかを設定します
13	alias:                  エイリアスを設定します
14	ap config directory:    APの設定ファイルを保存するディレクトリを設定します
15	ap config filename:     APの設定を保存するファイルを設定します
16	ap control config delete: APの設定ファイルを削除します
17	ap control config get:  APから設定ファイルを受信します
18	ap control config set:  設定ファイルをAPに送信します
19	ap control config-auto-set use: ゼロコンフィグ機能を使用するか否かを設定します
20	ap control firmware update go: APにファームウェアの更新を要求します
21	ap control http proxy timeout: RT連携HTTPプロキシのタイムアウト時間を設定します
22	ap control http proxy use: RT連携HTTPプロキシ機能を使用するか否かを設定します
23	ap select:              APを選択します
24	auth user:              ユーザ認証に使用するユーザ名とパスワードを設定します
25	auth user attribute:    認証に使用するユーザの属性を設定します
26	auth user group:        ユーザ認証に使用するグループにユーザを設定します。
27	auth user group attribute: 認証に使用するユーザグループの属性を設定します
28	bgp aggregate:          BGPで広告する集約経路を定義します
29	bgp aggregate filter:   集約経路に対するフィルタを定義します
30	bgp autonomous-system:  自律システム(AS)の番号を設定します
31	bgp configure refresh:  BGPの設定を動作に反映させます
32	bgp default med:        BGPの最適経路選択で、MED属性が付加されていない経路のデフォルトのMED値の設定します
33	bgp export:             指定したBGP経路を取り込みます
34	bgp export aspath:      指定したBGP経路を取り込みます
35	bgp export filter:      BGP経路を注入するためのフィルタを定義します
36	bgp force-to-advertise: 強制的に広告するBGP経路を設定します
37	bgp import:             BGPに指定したプロトコルの経路を導入します
38	bgp import filter:      経路をBGPに導入するためのフィルタを定義します
39	bgp log:                BGPのログの種類を設定します
40	bgp neighbor:           BGPの接続先を定義します
41	bgp neighbor pre-shared-key: TCP MD5 で用いる事前共有鍵を設定します
42	bgp preference:         BGPにより得られた経路のプリファレンス値を設定します
43	bgp reric interval:     インターフェースの状態変化時、BGPに外部経路を反映する時間の間隔を設定します
44	bgp router id:          BGPのルータIDを設定します
45	bgp use:                BGP機能を使うか否かを設定します
46	bridge learning BRIDGE-INTERFACE: ブリッジのラーニングを行うか否かを設定します
47	bridge learning BRIDGE-INTERFACE static: MACアドレスとインターフェースの組を静的なラーニング情報として追加します
48	bridge learning BRIDGE-INTERFACE timer: ラーニング情報を消去するまでの時間を設定します
49	bridge member BRIDGE-INTERFACE: ブリッジに収容するインターフェースを設定します
50	call:                   マクロを実行します
51	clear account:          アカウント内容をクリアします
52	clear account mobile:   MOBILEのアカウント内容をクリアします
53	clear account ngn data: NGN(DATA)のアカウント内容をクリアします
54	clear account pp:       PPのアカウント内容をクリアします
55	clear arp:              ARPテーブルをクリアします
56	clear boot list:        起動の情報をクリアします
57	clear bridge learning BRIDGE-INTERFACE: ラーニング情報を消去します
58	clear dns cache:        DNSキャッシュを削除します
59	clear dpi cache:        DPIの識別結果のキャッシュをクリアします
60	clear dpi statistics:   DPIの統計情報をクリアします
61	clear external-memory syslog: 外部メモリに保存されたSYSLOGのクリアとバックアップファイルの削除を行います
62	clear heartbeat2:       生存通知(リリース2)の受信情報をクリアします
63	clear ip dynamic routing: IPの動的経路情報を削除します
64	clear ipv6 dynamic routing: IPv6の動的経路情報を削除します
65	clear ipv6 neighbor cache: IPv6の近隣情報を削除します
66	clear log:              ログ内容をクリアします
67	clear mobile access limitation: 指定したモバイルインタフェースの発信制限を解除します。
68	clear mobile access limitation pp: 指定したPPの発信制限を解除します。
69	clear nat descriptor dynamic: 動的なNAT情報を削除します
70	clear nat descriptor interface dynamic pp: インタフェースに関連した動的なNAT情報を削除します
71	clear nat descriptor interface dynamic tunnel: インタフェースに関連した動的なNAT情報を削除します
72	clear nat descriptor interface dynamic wan1: インタフェースに関連した動的なNAT情報を削除します
73	clear nat descriptor interface dynamic LAN-INTERFACE: インタフェースに関連した動的なNAT情報を削除します
74	clear nat descriptor masquerade session statistics: IPマスカレードで使用しているセッションの統計情報をクリアします
75	clear pppoe pass-through learning: ラーニング情報を消去します
76	clear status pp:        PPインタフェースのカウンタの値をクリアします
77	clear status tunnel:    トンネルインタフェースのカウンタの値をクリアします
78	clear status wan1:      WANインタフェースのカウンタの値をクリアします
79	clear status LAN-INTERFACE: LANインタフェースのカウンタの値をクリアします
80	clear status BRIDGE-INTERFACE: BRIDGEインタフェースのカウンタの値をクリアします
81	clear switching-hub macaddress: スイッチングハブのMACアドレステーブルをクリアします
82	clear url filter:       URLフィルタの情報をクリアします
83	cloud vpn bind:         クラウドサービスとのVPN接続に使用するインタフェースを設定します
84	cloud vpn name:         クラウド設定の名前を設定します
85	cloud vpn option:       クラウドサービスとVPN接続するためのオプションを設定します
86	cloud vpn parameter:    クラウドサービスとVPN接続するためのパラメーターを設定します
87	cloud vpn service:      VPN接続するクラウドサービスを設定します
88	cloud vpn set go:       クラウドサービスとVPN接続するための設定を行います
89	cloud vpn syslog:       クラウドサービス接続時の詳細情報をSYSLOGに出力するか否かを設定します
90	cold start:             工場出荷設定でルータを再起動します
91	confirm:                設定変更を確定しロールバックタイマーを停止します
92	connect:                手動で、指定した相手先に対して回線を接続します
93	console character:      出力文字コードを選択します
94	console columns:        コンソール画面に表示するカラム数を設定します
95	console info:           コンソールにシステムからの情報を表示するか否か選択します
96	console lines:          コンソール画面に表示する行数を設定します
97	console prompt:         64文字以内でコンソールのプロンプト文字を設定します
98	cooperation bandwidth-measuring: 帯域検出機能を使用するか否かを設定します
99	cooperation bandwidth-measuring go: 帯域検出機能を実行します
100	cooperation bandwidth-measuring remote: 帯域検出機能の相手先情報を設定します
101	cooperation load-watch: 負荷監視機能を使用するか否かを設定します
102	cooperation load-watch control: 負荷監視通知機能の制御を設定します
103	cooperation load-watch go: 負荷監視に伴って送出されるパケットと同じパケットを送出します
104	cooperation load-watch remote: 負荷監視通知機能の相手先情報を設定します
105	cooperation load-watch trigger: 負荷監視通知機能のトリガを設定します
106	cooperation port:       連携機能で使用するポート番号を設定します
107	copy:                   ファイルまたはディレクトリをコピーします
108	copy config:            設定ファイルをファイル1からファイル2にコピーします
109	copy exec:              実行形式ファームウェアファイルをファイル1からファイル2にコピーします
110	date:                   年月日を設定します
111	delete:                 ファイルまたはディレクトリを削除します
112	delete config:          設定ファイルを削除します
113	description:            システムの説明を設定します
114	description pp:         インタフェースの説明を設定します
115	description tunnel:     インタフェースの説明を設定します
116	description wan1:       インタフェースの説明を設定します
117	description yno:        YNOで使用する自身の機器説明を設定します
118	description LAN-INTERFACE: インタフェースの説明を設定します
119	dhcp client client-identifier: DHCPクライアントIDオプションのタイプとIDを設定します
120	dhcp client hostname:   DHCPクライアントのホストネームを設定します
121	dhcp client option:     DHCPクライアントのオプションを設定します
122	dhcp client release linkdown: インタフェースがダウンした時のDHCPクライアントの挙動を設定します
123	dhcp convert:           リース情報を予約情報に変換します
124	dhcp duplicate check:   DHCPサーバとしてアドレス割り当て前にそのアドレスが使われていないことをチェックする待ち時間[ms]を設定します
125	dhcp manual lease:      IPアドレスを指定したクライアントにリースします
126	dhcp manual release:    IPアドレスのリースを解除します
127	dhcp relay select:      DHCPリレーエージェントとして動作する時のサーバの選択方式を設定します
128	dhcp relay server:      DHCPリレーエージェントとして動作する時のDHCPサーバのIPアドレスを設定します(最大4)
129	dhcp relay srcport:     DHCPリレーエージェントの始点ポート番号を設定します
130	dhcp relay threshold:   DHCPサーバへパケットを中継する閾値を設定します
131	dhcp scope:             DHCPサーバとして動作する時のDHCPスコープを定義します
132	dhcp scope bind:        DHCPスコープ内のIPアドレスを指定したクライアントに予約します
133	dhcp scope lease type:  DHCPサーバのアドレス割り当て動作を設定します
134	dhcp scope option:      DHCPスコープのオプションを定義します
135	dhcp server rfc2131 compliant: DHCPサーバの動作をRFC2131準拠とするかどうかを設定します
136	dhcp service:           DHCPサーバとして動作するか、リレーエージェントとして動作するかを設定します
137	disconnect:             手動で、指定した相手先との回線を切断します
138	disconnect ip connection: IPコネクションを削除します
139	disconnect ipv6 connection: IPv6コネクションを削除します
140	disconnect user:        指定した相手先との接続を切断します
141	dns cache max entry:    DNSキャッシュの最大エントリ数を設定します
142	dns cache use:          DNSリカーシブサーバで、キャッシュを使用するか否か選択します
143	dns domain:             DNSドメインを指定します
144	dns host:               DNSサーバへアクセスできるホストを設定します
145	dns notice order:       DNSサーバとして通知するアドレスの順序をプロトコル別に設定します
146	dns private address spoof: DNSリカーシブサーバで、プライベートアドレスに対する問い合わせを処理するか否か選択します
147	dns server:             DNSサーバのIPアドレスまたはネットボランチDNSサーバ番号を設定します(最大4)
148	dns server dhcp:        DNSサーバを取得するLANまたはWANまたはBRIDGEインタフェースを設定します
149	dns server pp:          DNSサーバを通知してくれる相手のPP番号を設定します
150	dns server select:      DNSサーバをDNS問い合わせや元DNS送信者に応じて選択する規則を設定します
151	dns service:            DNSを使用するか否かを設定します
152	dns service aaaa filter: AAAAレコードの問い合わせを制限するか否かを設定します
153	dns service fallback:   DNSフォールバック機能を使用するか否かを設定します
154	dns srcport:            DNSの始点ポート番号の範囲を設定します
155	dns static:             静的なDNSレコードを設定します
156	dns syslog resolv:      syslog で DNS により名前解決するか否か選択します
157	dpi group set:          DPIのアプリケーショングループを設定します
158	dpi log:                DPIの詳細なログを出力するか否かを設定します
159	dpi signature download go: シグネチャーをダウンロードします
160	dpi signature download url: シグネチャーのダウンロード先URLを設定します
161	dpi use:                DPI機能を使うか否かを設定します
162	echo:                   文字列を表示します
163	embedded file:          組み込みファイルを設定します
164	ethernet filter:        イーサネットフィルタを定義します
165	ethernet tunnel filter: インタフェースに対するイーサネットフィルタリングを設定します
166	ethernet LAN-INTERFACE filter: インタフェースに対するイーサネットフィルタリングを設定します
167	execute at-command:     指定したモバイルインタフェースに対してATコマンドを実行します
168	execute batch:          バッチファイルを実行します
169	exit:                   ログアウトします
170	external-memory accelerator cache size: ファイルアクセスを高速化するために使用するキャッシュメモリのサイズを設定します
171	external-memory auto-search time: 外部メモリ内のファイルを検索するときのタイムアウト時間を設定します
172	external-memory batch filename: execute batchコマンドで実行するバッチファイル名を指定します
173	external-memory boot permit: 外部メモリ内のファイルからの起動を許可するか否かを設定します
174	external-memory boot timeout: ルーター起動時に外部メモリを検出するまでのタイムアウト時間を設定します
175	external-memory cache mode: 外部メモリ用のキャッシュメモリの動作モードを設定します
176	external-memory config filename: 外部メモリを差して起動した時、外部メモリから読み込まれる設定ファイル名を指定しますあるいは外部メモリボタンとDOWNLOADボタンを同時に押下した時、外部メモリからコピーされる設定ファイル名を指定します
177	external-memory dpi signature directory: シグネチャーを保存する外部メモリのディレクトリを設定します
178	external-memory exec filename: 外部メモリを差して起動した時、外部メモリから読み込まれるファームウェアファイル名を指定しますあるいは外部メモリボタンとDOWNLOADボタンを同時に押下した時、外部メモリからコピーされるファームウェアファイル名を指定します
179	external-memory performance-test go: 外部メモリが必要な性能を持つか否かを確認します
180	external-memory statistics filename prefix: 外部メモリに保存する統計情報のファイル名のプレフィックスを指定します
181	external-memory syslog filename: 外部メモリに保存するSYSLOGファイル名を指定します
182	grep:                   SHOWコマンドの表示内容からパターンに一致する行だけを表示します
183	heartbeat pre-shared-key: 生存通知が用いる事前共有鍵を設定します
184	heartbeat receive:      生存通知パケットを受信したとき、それを処理するか否かを設定します
185	heartbeat send:         生存通知パケットを送信します
186	heartbeat2 myname:      生存通知(リリース2)で使用する名前を設定します
187	heartbeat2 receive:     生存通知(リリース2)の受信設定を定義します
188	heartbeat2 receive enable: 生存通知(リリース2)の受信設定を有効にします
189	heartbeat2 receive log: 生存通知(リリース2)パケットの受信時にログを出力するか否かを設定します
190	heartbeat2 receive monitor: 生存通知(リリース2)パケットの受信間隔の許容時間を設定します
191	heartbeat2 receive record limit: 受信した生存通知情報(リリース2)の最大保持数を設定します
192	heartbeat2 transmit:    生存通知(リリース2)の通知設定を定義します
193	heartbeat2 transmit enable: 生存通知(リリース2)の通知設定を有効にします
194	heartbeat2 transmit interval: 生存通知(リリース2)パケットの送信間隔を設定します
195	heartbeat2 transmit log: 生存通知(リリース2)パケットの送信時にログを出力するか否か設定します
196	help:                   コンソールの使用方法の概説を表示します
197	http revision-down permit: HTTPリビジョンアップ機能によりリビジョンダウンを許可するか否かを設定します
198	http revision-up go:    HTTPを使用してリビジョンチェックとリビジョンアップを行います
199	http revision-up permit: HTTPリビジョンアップを許可するか否かを設定します
200	http revision-up proxy: HTTPリビジョンアップで使用するProxyサーバを設定します
201	http revision-up schedule: ファームウェアのリビジョンアップを試みるスケジュールを設定します
202	http revision-up timeout: HTTPリビジョンアップでのタイムアウトするまでの時間を設定します
203	http revision-up url:   HTTPリビジョンアップで使用するURLを設定します
204	httpd custom-gui api password: カスタムGUIのAPIにアクセスするためのパスワードを設定します
205	httpd custom-gui api use: カスタムGUIのAPIを使用するか否かを設定します
206	httpd custom-gui use:   カスタムGUIを使用するか否かを設定します
207	httpd custom-gui user:  カスタムGUIを使用するユーザを設定します
208	httpd host:             HTTPブラウザでアクセスできるホストを設定します
209	httpd listen:           HTTPDサーバのポート番号を設定します
210	httpd proxy-access l2ms permit: L2MSのマスター経由によるWeb GUIへのアクセスを許可するか否かを設定します
211	httpd service:          HTTPDサーバ機能を動作させるか否かを設定します
212	httpd timeout:          HTTPサーバのタイムアウト時間を設定します
213	import sshd authorized-keys: SSHサーバーの公開鍵認証に用いる公開鍵をインポートします(公開鍵の種類) (base64エンコードされた鍵本体) (鍵のコメント)
214	interface reset:        インタフェースをリセットします
215	ip arp timer:           ARPテーブルの寿命を設定します
216	ip dpi filter:          DPIで使用するフィルタを設定します
217	ip filter:              IPに対するフィルタを定義します
218	ip filter directed-broadcast: Directed-Broadcast宛のIPパケットをフィルタリングするか否かを選択します
219	ip filter dynamic:      IPに対する動的なフィルタを定義します
220	ip filter dynamic timer: IPに対する動的フィルタのタイムアウト値を設定します
221	ip filter fqdn timer:   FQDN Filter で使用するキャッシュのタイマーを設定します
222	ip filter set:          IPフィルタセットを定義します
223	ip filter source-route: Source-routeオプション付きIPパケットをフィルタリングするか否かを選択します
224	ip flow limit:          フロー数の上限値を設定する
225	ip flow timer:          フローテーブルのエントリ保持時間を設定する
226	ip forward filter:      パケット転送フィルターを定義します
227	ip fragment remove df-bit: ルールに適合したパケットのDFビットをクリアします
228	ip host:                名前とIPアドレスを結びつけます
229	ip icmp echo-reply send: ICMP Echo-Replyパケットを送信するか否かを選択します
230	ip icmp echo-reply send-only-linkup: リンクダウンしているインタフェースに付与されているIPアドレスに対して送られたICMP Echoパケットに対して、ICMP Echo-Replyパケットを送信するか否かを選択します
231	ip icmp error-decrypted-ipsec send: IPsecで復号したパケットに対するICMPエラーを送信するか否かを選択します
232	ip icmp log:            ICMPパケットをログに記録するか否かを選択します
233	ip icmp mask-reply send: ICMP Mask-Replyパケットを送信するか否かを選択します
234	ip icmp parameter-problem send: ICMP Parameter-Problemパケットを送信するか否かを選択します
235	ip icmp redirect receive: ICMP Redirectパケットを受信した時にそれを処理するか否かを選択します
236	ip icmp redirect send:  ICMP Redirectパケットを送信するか否かを選択します
237	ip icmp time-exceeded send: ICMP Time-Exceededパケットを送信するか否かを選択します
238	ip icmp timestamp-reply send: ICMP Timestamp-Replyパケットを送信するか否かを選択します
239	ip icmp unreachable send: ICMP Unreachableパケットを送信するか否かを選択します
240	ip implicit-route preference: implicit経路のプリファレンス値を設定します
241	ip keepalive:           IPキープアライブのパラメータを設定します
242	ip local forward filter: インタフェースにパケット転送フィルターを適用します
243	ip loopback1 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
244	ip loopback1 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
245	ip loopback1 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
246	ip loopback1 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
247	ip loopback2 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
248	ip loopback2 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
249	ip loopback2 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
250	ip loopback2 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
251	ip loopback3 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
252	ip loopback3 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
253	ip loopback3 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
254	ip loopback3 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
255	ip loopback4 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
256	ip loopback4 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
257	ip loopback4 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
258	ip loopback4 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
259	ip loopback5 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
260	ip loopback5 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
261	ip loopback5 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
262	ip loopback5 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
263	ip loopback6 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
264	ip loopback6 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
265	ip loopback6 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
266	ip loopback6 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
267	ip loopback7 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
268	ip loopback7 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
269	ip loopback7 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
270	ip loopback7 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
271	ip loopback8 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
272	ip loopback8 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
273	ip loopback8 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
274	ip loopback8 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
275	ip loopback9 address:   LOOPBACKインタフェースのIPアドレスを設定します
276	ip loopback9 dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
277	ip loopback9 ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
278	ip loopback9 secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
279	ip null dpi filter:     インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
280	ip null secure filter:  インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
281	ip pp address:          PPインタフェースのIPアドレスを設定します
282	ip pp dpi filter:       インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
283	ip pp forward filter:   インタフェースにパケット転送フィルターを適用します
284	ip pp intrusion detection: IPの侵入検知を動作させるか否かを設定します
285	ip pp intrusion detection notice-interval: 1秒間に通知する侵入検知情報の頻度を設定します
286	ip pp intrusion detection repeat-control: 同じホストに対する同じ種類の攻撃をTIME秒に1回のみ通知するよう抑制します
287	ip pp intrusion detection report: show ip intrusion detectionコマンドで表示される侵入検知情報の最大件数を設定します
288	ip pp mtu:              選択されている相手先へのIPのMTUを設定します
289	ip pp nat descriptor:   インタフェースに適用するNATディスクリプタの番号を最大16まで設定します
290	ip pp ospf area:        インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
291	ip pp ospf neighbor:    非ブロードキャスト型ネットワークに接続されているOSPFルータを設定します
292	ip pp rebound:          同一インタフェースに折り返すパケットを送信するか否かを設定します
293	ip pp remote address:   選択されている相手におけるPP側IPアドレスを設定します
294	ip pp remote address pool: AnonymousのためのIPアドレスプールを設定します
295	ip pp rip auth key:     RIP2の認証キーを設定します
296	ip pp rip auth type:    RIP2の認証方法を設定します
297	ip pp rip backup interface: バックアップ時にRIPの送信インタフェースを切り替えるか否かを設定します
298	ip pp rip connect interval: インタフェース接続時のRIPを送出する時間間隔を設定します
299	ip pp rip connect send: インタフェース接続時のRIP送出タイミングを選択します
300	ip pp rip disconnect interval: インタフェース非接続時のRIPを送出する時間間隔を設定します
301	ip pp rip disconnect send: インタフェース非接続時のRIP送出タイミングを選択します
302	ip pp rip filter:       インタフェースのRIPのフィルタリングを設定します
303	ip pp rip force-to-advertise: 強制的に広告するRIPエントリを設定します
304	ip pp rip hold routing: インタフェース接続中にRIPで得られたIPの経路情報を切断後に保持するか否か選択します
305	ip pp rip hop:          インタフェースのRIPのホップカウント数を設定します
306	ip pp rip receive:      インタフェースでIPのRIPを受信するか否かを設定します
307	ip pp rip send:         インタフェースにIPのRIPを送信するか否かを設定します
308	ip pp rip trust gateway: インタフェースで信頼できるRIPゲートウェイを設定します
309	ip pp secure filter:    インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
310	ip pp tcp mss limit:    TCPパケットのMSSを制限するかどうかを設定します
311	ip pp tcp window-scale: TCPパケットのWindow Scaleオプションを外すか否かを設定します
312	ip reassembly hold-time: フラグメントパケットを再構成するために保持しておく時間を設定します
313	ip route:               IPの静的経路情報を設定します
314	ip route change log:    IPの経路が変化したことをログに記録するか否かを選択します
315	ip routing:             IPパケットの経路制御を可能にするか否かを選択します
316	ip routing process:     IPルーティングのタイプを選択します
317	ip simple-service:      IPの各種サービスを利用するか否かを選択します
318	ip stealth:             ステルス機能を動作させるインタフェースを設定します
319	ip tos supersede:       転送するIPパケットのTOSフィールドを書き換えるか否かを選択します
320	ip tunnel address:      TUNNELインタフェースのIPアドレスを設定します
321	ip tunnel dpi filter:   インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
322	ip tunnel forward filter: インタフェースにパケット転送フィルターを適用します
323	ip tunnel intrusion detection: IPの侵入検知を動作させるか否かを設定します
324	ip tunnel intrusion detection notice-interval: 1秒間に通知する侵入検知情報の頻度を設定します
325	ip tunnel intrusion detection repeat-control: 同じホストに対する同じ種類の攻撃をTIME秒に1回のみ通知するよう抑制します
326	ip tunnel intrusion detection report: show ip intrusion detectionコマンドで表示される侵入検知情報の最大件数を設定します
327	ip tunnel mtu:          選択されている相手先へのIPのMTUを設定します
328	ip tunnel nat descriptor: インタフェースに適用するNATディスクリプタの番号を最大16まで設定します
329	ip tunnel ospf area:    インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
330	ip tunnel ospf neighbor: 非ブロードキャスト型ネットワークに接続されているOSPFルータを設定します
331	ip tunnel rebound:      同一インタフェースに折り返すパケットを送信するか否かを設定します
332	ip tunnel remote address: 選択されているトンネルの相手側IPアドレスを設定します
333	ip tunnel rip auth key: RIP2の認証キーを設定します
334	ip tunnel rip auth type: RIP2の認証方法を設定します
335	ip tunnel rip filter:   インタフェースのRIPのフィルタリングを設定します
336	ip tunnel rip force-to-advertise: 強制的に広告するRIPエントリを設定します
337	ip tunnel rip hop:      インタフェースのRIPのホップカウント数を設定します
338	ip tunnel rip receive:  インタフェースでIPのRIPを受信するか否かを設定します
339	ip tunnel rip send:     インタフェースにIPのRIPを送信するか否かを設定します
340	ip tunnel rip trust gateway: インタフェースで信頼できるRIPゲートウェイを設定します
341	ip tunnel secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
342	ip tunnel tcp mss limit: TCPパケットのMSSを制限するかどうかを設定します
343	ip tunnel tcp window-scale: TCPパケットのWindow Scaleオプションを外すか否かを設定します
344	ip wan1 address:        WANインタフェースのIPアドレスを設定します
345	ip wan1 dhcp auto default-route-add: DHCPでアドレスを取得した時にdefaultの経路情報を自動的に追加するかを設定します
346	ip wan1 dhcp auto interface-route-add: DHCPでアドレスを取得した時にimplicitの経路情報を自動的に追加するかを設定します
347	ip wan1 dhcp lease time: LAN側, WAN側, BRIDGE側で要求するIPアドレスのリースタイムを設定します
348	ip wan1 dhcp retry:     LAN側, WAN側, BRIDGE側から再送するDHCPメッセージの回数と間隔を設定します
349	ip wan1 dpi filter:     インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
350	ip wan1 forward filter: インタフェースにパケット転送フィルターを適用します
351	ip wan1 intrusion detection: IPの侵入検知を動作させるか否かを設定します
352	ip wan1 intrusion detection notice-interval: 1秒間に通知する侵入検知情報の頻度を設定します
353	ip wan1 intrusion detection repeat-control: 同じホストに対する同じ種類の攻撃をTIME秒に1回のみ通知するよう抑制します
354	ip wan1 intrusion detection report: show ip intrusion detectionコマンドで表示される侵入検知情報の最大件数を設定します
355	ip wan1 mtu:            選択されている相手先へのIPのMTUを設定します
356	ip wan1 nat descriptor: インタフェースに適用するNATディスクリプタの番号を最大16まで設定します
357	ip wan1 secure filter:  インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
358	ip wan1 tcp mss limit:  TCPパケットのMSSを制限するかどうかを設定します
359	ip wan1 tcp window-scale: TCPパケットのWindow Scaleオプションを外すか否かを設定します
360	ip LAN-INTERFACE address: LANインタフェースのIPアドレスを設定します
361	ip LAN-INTERFACE arp log: ARPエントリに関するログを出力するか否かを設定します
362	ip LAN-INTERFACE arp queue length: ARPキューの長さを設定します
363	ip LAN-INTERFACE arp static: 静的なARPテーブルを設定します
364	ip LAN-INTERFACE forward filter: インタフェースにパケット転送フィルターを適用します
365	ip LAN-INTERFACE intrusion detection: IPの侵入検知を動作させるか否かを設定します
366	ip LAN-INTERFACE intrusion detection notice-interval: 1秒間に通知する侵入検知情報の頻度を設定します
367	ip LAN-INTERFACE intrusion detection repeat-control: 同じホストに対する同じ種類の攻撃をTIME秒に1回のみ通知するよう抑制します
368	ip LAN-INTERFACE intrusion detection report: show ip intrusion detectionコマンドで表示される侵入検知情報の最大件数を設定します
369	ip LAN-INTERFACE mtu:   選択されている相手先へのIPのMTUを設定します
370	ip LAN-INTERFACE nat descriptor: インタフェースに適用するNATディスクリプタの番号を最大16まで設定します
371	ip LAN-INTERFACE ospf area: インタフェースの属するOSPFエリアを設定します
372	ip LAN-INTERFACE ospf neighbor: 非ブロードキャスト型ネットワークに接続されているOSPFルータを設定します
373	ip LAN-INTERFACE rebound: 同一インタフェースに折り返すパケットを送信するか否かを設定します
374	ip LAN-INTERFACE rip auth key: RIP2の認証キーを設定します
375	ip LAN-INTERFACE rip auth type: RIP2の認証方法を設定します
376	ip LAN-INTERFACE rip filter: インタフェースのRIPのフィルタリングを設定します
377	ip LAN-INTERFACE rip force-to-advertise: 強制的に広告するRIPエントリを設定します
378	ip LAN-INTERFACE rip hop: インタフェースのRIPのホップカウント数を設定します
379	ip LAN-INTERFACE rip receive: インタフェースでIPのRIPを受信するか否かを設定します
380	ip LAN-INTERFACE rip send: インタフェースにIPのRIPを送信するか否かを設定します
381	ip LAN-INTERFACE rip trust gateway: インタフェースで信頼できるRIPゲートウェイを設定します
382	ip LAN-INTERFACE secondary address: インタフェースのセカンダリIPアドレスを設定します
383	ip LAN-INTERFACE tcp mss limit: TCPパケットのMSSを制限するかどうかを設定します
384	ip LAN-INTERFACE tcp window-scale: TCPパケットのWindow Scaleオプションを外すか否かを設定します
385	ip LAN-INTERFACE vrrp:  インタフェースに絲障てVRRPを設定します
386	ip LAN-INTERFACE vrrp shutdown trigger: VRRPのシャットダウントリガを設定します
387	ip LAN-INTERFACE wol relay: Wake On LANのMagic Packetを中継するか否かを設定します
388	ip BRIDGE-INTERFACE address: BRIDGEインタフェースのIPアドレスを設定します
389	ip BRIDGE-INTERFACE dhcp auto default-route-add: DHCPでアドレスを取得した時にdefaultの経路情報を自動的に追加するかを設定します
390	ip BRIDGE-INTERFACE dhcp auto interface-route-add: DHCPでアドレスを取得した時にimplicitの経路情報を自動的に追加するかを設定します
391	ip BRIDGE-INTERFACE dhcp lease time: LAN側, WAN側, BRIDGE側で要求するIPアドレスのリースタイムを設定します
392	ip BRIDGE-INTERFACE dhcp retry: LAN側, WAN側, BRIDGE側から再送するDHCPメッセージの回数と間隔を設定します
393	ip BRIDGE-INTERFACE dhcp service: インタフェース毎にDHCPサーバとして動作するか、リレーエージェントとして動作するかを設定します
394	ip BRIDGE-INTERFACE dpi filter: インタフェースに対するDPIのフィルタリングを設定します
395	ip BRIDGE-INTERFACE proxyarp: LAN側にProxy ARPを返すか否か選択します
396	ip BRIDGE-INTERFACE secure filter: インタフェースに対するIPのフィルタリングを設定します
397	ipip keepalive log:     IPIPキープアライブをログに取るかどうか選択します
398	ipip keepalive use:     IPIPキープアライブを使用するか否か選択します
399	ipsec auto refresh:     自動的にSAを更新するか否かを設定します
400	ipsec ike always-on:    IKEで常時接続するか否かを設定します
401	ipsec ike auth method:  IKEが用いる認証方式を設定します
402	ipsec ike backward-compatibility: 鍵交換のタイプを設定します
403	ipsec ike child-exchange type: IKEv2 CREATE_CHILD_SA exchangeのタイプを設定します
404	ipsec ike duration:     IKEで提案するISAKMP/IPsec SAの寿命を設定します
405	ipsec ike eap myname:   EAP-MD5認証で使用する名前とパスワードを設定します
406	ipsec ike eap request:  EAP-MD5 による認証を行うか否かを設定します
407	ipsec ike eap send certreq: EAP-MD5認証で証明書要求ペイロードを送信するか否かを設定します
408	ipsec ike encryption:   IKEが用いる暗号アルゴリズムを設定します
409	ipsec ike esp-encapsulation: ESPパケットをUDPでカプセル化するか否かを設定します
410	ipsec ike group:        IKEが用いるグループを設定します
411	ipsec ike hash:         IKEが用いるハッシュアルゴリズムを設定します
412	ipsec ike keepalive log: IKEキープアライブの情報をsyslogに出力するか否かを設定します
413	ipsec ike keepalive use: IKEでkeep-aliveを用いるか否かを設定します
414	ipsec ike license-key:  ヤマハVPNクライアントソフトウェア(同時接続版)と接続するためのライセンスキーを設定します
415	ipsec ike license-key use: ヤマハVPNクライアントソフトウェア(同時接続版)と接続するためのライセンスキーを適用するか否かを設定します
416	ipsec ike local address: 自分側のセキュリティ・ゲートウェイのIPアドレスを設定します
417	ipsec ike local id:     IKEで用いる自分側のIDを設定します
418	ipsec ike local name:   ローカルのセキュリティ・ゲートウェイの名前を設定します
419	ipsec ike log:          IKEのログの種類を設定します
420	ipsec ike message-id-control: メッセージIDを厳密に管理するかどうかを設定します
421	ipsec ike mode-cfg address: 内部IPアドレスプールを設定します
422	ipsec ike mode-cfg address pool: 内部IPアドレスプールを定義します
423	ipsec ike mode-cfg method: IKE Mode-Cfgのメソッドを設定します
424	ipsec ike nat-traversal: IPsec NAT Traversalを使用するかどうかを設定します
425	ipsec ike negotiate-strictly: IKEのネゴシエーションで、設定と異なる提案を受けたときに要求を破棄するか否かを設定します
426	ipsec ike negotiation receive: IKEのネゴシエーションで、始動パケットを受信するか否かを設定します
427	ipsec ike payload type: IKEペイロードのタイプを設定します
428	ipsec ike pfs:          IKEでPFSを用いるか否かを設定します
429	ipsec ike pki file:     IKEで用いるPKIファイルを設定します
430	ipsec ike pre-shared-key: IKEが用いる事前共有鍵を設定します
431	ipsec ike proposal-limitation: 提案を限定するか否かを設定します
432	ipsec ike queue length: IKEメッセージの受信キューの長さを設定します
433	ipsec ike remote address: 相手側のセキュリティ・ゲートウェイのIPアドレスまたはドメイン名を設定します
434	ipsec ike remote id:    IKEで用いる相手側のIDを設定します
435	ipsec ike remote name:  相手側のセキュリティ・ゲートウェイの名前を設定します
436	ipsec ike restrict-dangling-sa: IKE SAを削除するときに同時に対応するIPsec SAを削除するかどうかを設定します
437	ipsec ike retry:        IKEメッセージを再送する回数と間隔を設定します
438	ipsec ike send info:    IKEの情報ペイロードを送信するか否かを設定します
439	ipsec ike version:      IKEのバージョンを設定します
440	ipsec ike xauth myname: XAUTHで使用する名前とパスワードを設定します
441	ipsec ike xauth request: XAUTH によるユーザ認証を行なうか否かを設定します
442	ipsec ipcomp type:      IPCOMPで使用する圧縮アルゴリズムを選択します
443	ipsec log illegal-spi:  無効なSPIのパケットを受信したことをログにとるか否かを設定します
444	ipsec refresh sa:       すべてのSAを削除してIKEの状態を初期化します
445	ipsec sa delete:        管理されているSAを削除します
446	ipsec sa policy:        SAのポリシーを定義します
447	ipsec transport:        トランスポートモードを定義します
448	ipsec transport template: IPsecトランスポートモードのテンプレートを設定します。
449	ipsec tunnel:           トンネルインタフェースが用いるSAのポリシーを定義します
450	ipsec tunnel fastpath-fragment-function follow df-bit: ファストパスでDFビットがセットされたESPパケットをフラグメントするか否かを選択します
451	ipsec tunnel outer df-bit: IPsecトンネルの外側のIPv4ヘッダのDFビットをどのように作るか設定します
452	ipsec use:              IPsecを使用するか否かを設定します
453	ipv6 dpi filter:        DPIで使用するIPv6のフィルタを設定します
454	ipv6 filter:            IPv6に対するフィルタを定義します
455	ipv6 filter dynamic:    IPv6に対する動的なフィルタを定義します
456	ipv6 icmp echo-reply send: ICMP Echo-Replyパケットを送信するか否かを選択します
457	ipv6 icmp echo-reply send-only-linkup: リンクダウンしているインタフェースに付与されているIPアドレスに対して送られたICMP Echoパケットに対して、ICMP Echo-Replyパケットを送信するか否かを選択します
458	ipv6 icmp error-decrypted-ipsec send: IPsecで復号したパケットに対するICMPエラーを送信するか否かを選択します
459	ipv6 icmp log:          ICMPパケットをログに記録するか否かを選択します
460	ipv6 icmp packet-too-big send: ICMP Packet-Too-Bigパケットを送信するか否かを選択します
461	ipv6 icmp parameter-problem send: ICMP Parameter-Problemパケットを送信するか否かを選択します
462	ipv6 icmp redirect receive: ICMP Redirectパケットを受信した時にそれを処理するか否かを選択します
463	ipv6 icmp redirect send: ICMP Redirectパケットを送信するか否かを選択します
464	ipv6 icmp time-exceeded send: ICMP Time-Exceededパケットを送信するか否かを選択します
465	ipv6 icmp unreachable send: ICMP Unreachableパケットを送信するか否かを選択します
466	ipv6 loopback1 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
467	ipv6 loopback1 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
468	ipv6 loopback1 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
469	ipv6 loopback2 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
470	ipv6 loopback2 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
471	ipv6 loopback2 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
472	ipv6 loopback3 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
473	ipv6 loopback3 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
474	ipv6 loopback3 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
475	ipv6 loopback4 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
476	ipv6 loopback4 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
477	ipv6 loopback4 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
478	ipv6 loopback5 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
479	ipv6 loopback5 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
480	ipv6 loopback5 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
481	ipv6 loopback6 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
482	ipv6 loopback6 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
483	ipv6 loopback6 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
484	ipv6 loopback7 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
485	ipv6 loopback7 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
486	ipv6 loopback7 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
487	ipv6 loopback8 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
488	ipv6 loopback8 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
489	ipv6 loopback8 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
490	ipv6 loopback9 address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
491	ipv6 loopback9 dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
492	ipv6 loopback9 secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
493	ipv6 max auto address:  自動的に設定されるIPv6アドレスの最大数を設定します
494	ipv6 nd ns-trigger-dad: DADをトリガにNSを送信するか否かを設定します
495	ipv6 null dpi filter:   インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
496	ipv6 null secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
497	ipv6 ospf area:         OSPFv3エリアを設定します
498	ipv6 ospf area network: 指定したサブネットの範囲内の経路は単一のサブネット経路として広告します。'restrict'が指定された場合には範囲内の経路は要約した経路も含めて何も広告しません
499	ipv6 ospf configure refresh: OSPFv3の設定を動作に反映させます
500	ipv6 ospf export filter: OSPFv3により得られた経路へ適用するフィルターを定義します
501	ipv6 ospf export from:  OSPFv3により得られた経路のルーティングテーブルへの導入を制限します
502	ipv6 ospf import filter: OSPFv3へ導入する経路に適用するフィルターを定義します
503	ipv6 ospf import from:  指定したプロトコルにより得られた経路をOSPFv3へ導入します
504	ipv6 ospf log:          OSPFv3のログの種類を設定します
505	ipv6 ospf preference:   OSPFv3により得られた経路の優先度を設定します
506	ipv6 ospf router id:    OSPFv3のルーターIDを設定します
507	ipv6 ospf use:          OSPFv3機能を使うか否かを設定します
508	ipv6 ospf virtual-link: 仮想リンクを設定します
509	ipv6 pp address:        インタフェースのIPv6アドレスを設定します
510	ipv6 pp dad retry count: 選択されているインタフェースでのDADの再送回数を設定します。0を指定した場合、DADを行いません。
511	ipv6 pp dhcp service:   インタフェースにおけるDHCPv6の動作を設定します
512	ipv6 pp dpi filter:     インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
513	ipv6 pp mld:            インタフェースにおけるMLDの動作を設定します
514	ipv6 pp mld static:     インタフェースにおける静的なMLDリスナーを設定します
515	ipv6 pp mtu:            選択されている相手先へのIPv6のMTUを設定します
516	ipv6 pp ospf area:      インターフェースの属するOSPFv3エリアを設定します
517	ipv6 pp prefix:         インタフェースのIPv6プレフィックスを設定します
518	ipv6 pp prefix change log: IPv6のプレフィックスが変化したことをログに記録するか否かを選択します
519	ipv6 pp rip connect interval: インタフェース接続時のRIPを送出する時間間隔を設定します
520	ipv6 pp rip connect send: インタフェース接続時のRIP送出タイミングを選択します
521	ipv6 pp rip disconnect interval: インタフェース非接続時のRIPを送出する時間間隔を設定します
522	ipv6 pp rip disconnect send: インタフェース非接続時のRIP送出タイミングを選択します
523	ipv6 pp rip filter:     インタフェースのRIPのフィルタリングを設定します
524	ipv6 pp rip hold routing: インタフェース接続中にRIPで得られたIPの経路情報を切断後に保持するか否か選択します
525	ipv6 pp rip hop:        インタフェースのRIPのホップカウント数を設定します
526	ipv6 pp rip receive:    RIPngをインタフェースから受信するか否かを設定します
527	ipv6 pp rip send:       RIPngをインタフェースに送信するか否かを設定します
528	ipv6 pp rip trust gateway: インタフェースで信頼できるRIPngゲートウェイを設定します
529	ipv6 pp rtadv send:     ルータ広告を送出するように設定します
530	ipv6 pp rtsol max-retransmit: ルーター要請の再送設定を行います
531	ipv6 pp secure filter:  インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
532	ipv6 pp tcp mss limit:  TCPパケットのMSSを制限するかどうかを設定します
533	ipv6 pp tcp window-scale: TCPパケットのWindow Scaleオプションを外すか否かを設定します
534	ipv6 prefix:            ルータ広告で広告するプレフィックスを設定します
535	ipv6 reassembly hold-time: IPv6のフラグメントパケットを再構成するために保持しておく時間を設定します
536	ipv6 rh0 discard:       タイプ0のルーティングヘッダが付いたIPv6パケットを破棄するか否かを選択します
537	ipv6 rip preference:    RIPngのプリファレンス値を設定します
538	ipv6 rip use:           RIPng機能を使うか否かを設定します
539	ipv6 route:             IPv6の静的経路情報を設定します
540	ipv6 routing:           IPv6パケットの経路制御を可能にするか否かを選択します
541	ipv6 routing process:   IPv6ルーティングのタイプを選択します
542	ipv6 source address selection rule: IPv6始点アドレス選択の規則を設定します
543	ipv6 stealth:           ステルス機能を動作させるインタフェースを設定します
544	ipv6 tunnel address:    インタフェースのIPv6アドレスを設定します
545	ipv6 tunnel dhcp service: インタフェースにおけるDHCPv6の動作を設定します
546	ipv6 tunnel dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
547	ipv6 tunnel mld:        インタフェースにおけるMLDの動作を設定します
548	ipv6 tunnel mld static: インタフェースにおける静的なMLDリスナーを設定します
549	ipv6 tunnel mtu:        選択されている相手先へのIPv6のMTUを設定します
550	ipv6 tunnel ospf area:  インターフェースの属するOSPFv3エリアを設定します
551	ipv6 tunnel prefix:     インタフェースのIPv6プレフィックスを設定します
552	ipv6 tunnel prefix change log: IPv6のプレフィックスが変化したことをログに記録するか否かを選択します
553	ipv6 tunnel rip filter: インタフェースのRIPのフィルタリングを設定します
554	ipv6 tunnel rip receive: RIPngをインタフェースから受信するか否かを設定します
555	ipv6 tunnel rip send:   RIPngをインタフェースに送信するか否かを設定します
556	ipv6 tunnel secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
557	ipv6 tunnel tcp mss limit: TCPパケットのMSSを制限するかどうかを設定します
558	ipv6 tunnel tcp window-scale: TCPパケットのWindow Scaleオプションを外すか否かを設定します
559	ipv6 LAN-INTERFACE address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
560	ipv6 LAN-INTERFACE dad retry count: 選択されているインタフェースでのDADの再送回数を設定します。0を指定した場合、DADを行いません。
561	ipv6 LAN-INTERFACE dhcp service: インタフェースにおけるDHCPv6の動作を設定します
562	ipv6 LAN-INTERFACE dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
563	ipv6 LAN-INTERFACE icmp-nd queue length: Neighbor Discoveryでアドレスの解決が完了するまで送信パケットを保持するためのキューの長さを設定します。
564	ipv6 LAN-INTERFACE mld: インタフェースにおけるMLDの動作を設定します
565	ipv6 LAN-INTERFACE mld static: インタフェースにおける静的なMLDリスナーを設定します
566	ipv6 LAN-INTERFACE mtu: 選択されている相手先へのIPv6のMTUを設定します
567	ipv6 LAN-INTERFACE neighbor cache max entry: IPv6の近隣キャッシュの最大数を設定します
568	ipv6 LAN-INTERFACE ospf area: インターフェースの属するOSPFv3エリアを設定します
569	ipv6 LAN-INTERFACE prefix: インタフェースのIPv6プレフィックスを設定します
570	ipv6 LAN-INTERFACE prefix change log: IPv6のプレフィックスが変化したことをログに記録するか否かを選択します
571	ipv6 LAN-INTERFACE rip filter: インタフェースのRIPのフィルタリングを設定します
572	ipv6 LAN-INTERFACE rip hop: インタフェースのRIPのホップカウント数を設定します
573	ipv6 LAN-INTERFACE rip receive: RIPngをインタフェースから受信するか否かを設定します
574	ipv6 LAN-INTERFACE rip send: RIPngをインタフェースに送信するか否かを設定します
575	ipv6 LAN-INTERFACE rip trust gateway: インタフェースで信頼できるRIPngゲートウェイを設定します
576	ipv6 LAN-INTERFACE rtadv send: ルータ広告を送出するように設定します
577	ipv6 LAN-INTERFACE rtsol max-retransmit: ルーター要請の再送設定を行います
578	ipv6 LAN-INTERFACE secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
579	ipv6 LAN-INTERFACE tcp mss limit: TCPパケットのMSSを制限するかどうかを設定します
580	ipv6 LAN-INTERFACE tcp window-scale: TCPパケットのWindow Scaleオプションを外すか否かを設定します
581	ipv6 LAN-INTERFACE vrrp: インタフェースに対してVRRPを設定します
582	ipv6 LAN-INTERFACE vrrp shutdown trigger: VRRPのシャットダウントリガを設定します
583	ipv6 BRIDGE-INTERFACE address: インタフェースのIPv6アドレスを設定します
584	ipv6 BRIDGE-INTERFACE dad retry count: 選択されているインタフェースでのDADの再送回数を設定します。0を指定した場合、DADを行いません。
585	ipv6 BRIDGE-INTERFACE dpi filter: インタフェースに対するDPIのIPv6フィルタリングを設定します
586	ipv6 BRIDGE-INTERFACE prefix: インタフェースのIPv6プレフィックスを設定します
587	ipv6 BRIDGE-INTERFACE prefix change log: IPv6のプレフィックスが変化したことをログに記録するか否かを選択します
588	ipv6 BRIDGE-INTERFACE secure filter: インタフェースに対するIPv6のフィルタリングを設定します
589	l2tp always-on:         L2TPで常時接続するか否かを設定します
590	l2tp hostname:          L2TPホスト名を設定します
591	l2tp keepalive log:     L2TPキープアライブをログに取るかどうか選択します
592	l2tp keepalive use:     L2TPキープアライブを使用するか否か選択します
593	l2tp local router-id:   L2TPv3で使用するLocal Router IDを設定します
594	l2tp remote end-id:     L2TPv3で使用するRemote End IDを設定します
595	l2tp remote router-id:  L2TPv3で使用するRemote Router IDを設定します
596	l2tp service:           L2TPサーバ機能を動作させるか否かを設定します
597	l2tp syslog:            L2TPのコネクション制御のsyslogを出力するか否かを設定します
598	l2tp tunnel auth:       L2TPトンネル認証を使用するか否か選択します
599	l2tp tunnel disconnect time: 選択されている L2TP トンネルに対して、データパケット無入力・無送信時に、タイムアウトにより L2TP トンネルを切断する時間を設定します
600	lan backup recovery time LAN-INTERFACE: 接続が復旧してからバックアップを止めるまでの時間を設定します
601	lan backup LAN-INTERFACE: LAN接続がダウンした時にバックアップするインタフェースを指定します
602	lan keepalive interval LAN-INTERFACE: キープアライブを出すインターバルとダウン検出用のカウントを設定します
603	lan keepalive log LAN-INTERFACE: キープアライブをログに取るかどうか選択します
604	lan keepalive use LAN-INTERFACE: キープアライブの種類を選択します
605	lan linkup send-wait-time LAN-INTERFACE: LANインタフェースのリンクアップ後の送信抑制秒数を設定します
606	lan port-mirroring LAN-INTERFACE: LANのポートミラーリング機能を設定します
607	lan shutdown LAN-INTERFACE: LANインタフェースをシャットダウンします
608	lan type LAN-INTERFACE: LANの通信モードを選択します
609	lan-map log:            LANマップのSYSLOGを出力するか否か選択します
610	lan-map snapshot use LAN-INTERFACE: スナップショット機能を使用するか否かを設定します
611	lan-map snapshot use LAN-INTERFACE: スナップショット機能を使用するか否かを設定します
612	lan-map snapshot use BRIDGE-INTERFACE: スナップショット機能を使用するか否かを設定します
613	lan-map sysname:        LANマップで使用する機器名を設定します
614	lan-map terminal watch interval: ネットワークの情報を自動で収集する間隔を設定します
615	less:                   コマンドの出力をスクロールできるようにします
616	less config:            設定情報を表示します
617	less config ap:         指定したAPの設定情報を表示します
618	less config list:       設定情報を表示します
619	less config pp:         設定情報を表示します
620	less config switch:     指定したスイッチの設定情報を表示します
621	less config tunnel:     設定情報を表示します
622	less exec list:         実行形式ファームウェアファイルの情報を表示します
623	less file list:         ファイル情報を表示します
624	less log:               システム及び通信のログを表示します
625	license authentication go: LMSサーバーにライセンスの認証を行います
626	license authentication retry interval: ライセンス認証に失敗したときのリトライするまでの時間とリトライ回数を設定します
627	load:                   設定を一括更新します
628	login password:         ログインパスワードを設定します
629	login password encrypted: ログインパスワードを設定します設定されたパスワードは暗号化して保存されます
630	login radius use:       ログイン時のパスワード認証にRADIUSを使用するか否かを設定します
631	login timer:            ログインタイマを設定します
632	login user:             このコマンドにはユーザ名とパスワードの入力が必要ですルータにログインするためのユーザ名とパスワードを設定します
633	lua:                    Luaスクリプトを実行します
634	lua use:                Luaスクリプト機能を使用するか否かを設定します
635	luac:                   Luaスクリプトをコンパイルします
636	macro:                  マクロを設定します
637	mail notify:            メール通知用トリガーを設定します
638	mail notify status exec: 状態情報をメールで送信します
639	mail server name:       メールサーバ設定の識別名を設定します
640	mail server pop:        POPサーバを設定します
641	mail server smtp:       SMTPサーバを設定します
642	mail server timeout:    メールサーバの通信タイムアウト値を設定します
643	mail template:          メール送信用のテンプレートを設定します
644	make directory:         ディレクトリを作成します
645	mobile access limit connection length: 選択されている相手に対して、送受信データ長の上限値を設定します
646	mobile access limit connection time: 選択されている相手に対して、接続時間の上限値を設定します
647	mobile access limit duration: 選択されている相手に対して、累積管理する期間を設定します
648	mobile access limit length: 選択されている相手に対して、累積送受信データ長の上限値を設定します
649	mobile access limit time: 選択されている相手に対して、累積通信時間の上限値を設定します
650	mobile access-point name: アクセスポイント名とCID(Context Identifier)番号を設定します
651	mobile arrive permit:   選択されている相手から、モバイルインターネット接続の着信を許可するか否かを設定します
652	mobile arrive use:      モバイルインターネット接続のパケット着信機能を使用するか否かを設定します
653	mobile auto connect:    選択されている相手に対して、モバイルインターネット接続を自動で接続するか否かを選択します
654	mobile call prohibit auth-error count: 選択されている相手に対し、認証が失敗できる最大回数を設定します。最大回数を越えると'pp auth'コマンドで再設定し直さないと同じ相手には発呼できません
655	mobile call type:       携帯端末の発信方式を設定します
656	mobile carrier mode:    携帯端末のネットワーク事業者モードを設定します
657	mobile dial number:     選択されている相手について、携帯端末にATDに続いて発行する発信先を設定します
658	mobile disconnect input time: 選択されている相手に対して、パケット無入力時に回線を切断する時間を設定します
659	mobile disconnect output time: 選択されている相手に対して、パケット無送出時に回線を切断する時間を設定します
660	mobile disconnect time: 選択されている相手に対して、タイムアウトにより自動切断する時間を設定します
661	mobile display caller id: 選択されている相手に対して、発信時に発信者番号を通知するか否かを設定します
662	mobile firmware update go: 携帯電話端末のファームウェア更新を行います
663	mobile pin code usb1:   PINコードを設定します。
664	mobile signal-strength: 電波の受信レベル取得機能の設定を行います
665	mobile signal-strength go: 携帯電話端末などの電波の受信レベルを取得します
666	mobile syslog:          モバイルインターネット接続の詳細なsyslogを出力するか否かを設定します
667	mobile use:             モバイルインターネット接続機能を使用するか否かを設定します
668	nat descriptor address inner: NATの内側で使うIPアドレスを設定します
669	nat descriptor address outer: NATの外側で使うIPアドレスを設定します
670	nat descriptor backward-compatibility: NAT/IPマスカレードの動作タイプを設定します。
671	nat descriptor ftp port: FTPのポート番号を設定します
672	nat descriptor log:     NATのアドレス割当をログに記録するか否か選択します
673	nat descriptor masquerade incoming: IPマスカレードテーブルに該当しない内向きのパケットの処理方法を設定します
674	nat descriptor masquerade port range: IPマスカレードに利用するポート番号の範囲を指定します
675	nat descriptor masquerade remove df-bit: IPマスカレード変換時にDFビットを取り除くか否か選択します
676	nat descriptor masquerade rlogin: IP Masquerade上でrlogin/rcp/sshを使用するか否かを選択します
677	nat descriptor masquerade session limit: ホスト毎のIPマスカレード同時セッション数の最大値を設定します
678	nat descriptor masquerade session limit total: 指定したNATディスクリプタでのIPマスカレード同時セッション数の最大値を設定します
679	nat descriptor masquerade static: 静的なIP Masqueradeテーブルを定義します
680	nat descriptor masquerade unconvertible port: IP Masqueradeで変換してはいけないポート番号を設定します
681	nat descriptor sip:     NATでSIPパケットの中身を書き換えるかどうかの設定をします
682	nat descriptor static:  静的NATを登録します
683	nat descriptor timer:   動的なNATの組を消去するためのタイマを設定します
684	nat descriptor type:    NATの機能を選択します
685	nat46 ip address pool:  NAT46で使用するIPアドレスプールを設定します
686	nat46 ipv6 prefix:      NAT46で使用するIPv6プレフィックスを設定します
687	nat46 static:           NAT46で使用する宛先アドレスの静的な対応づけを設定します
688	netvolante-dns auto hostname pp: ネットボランチDNSのホスト名を自動生成するか否かを選択します
689	netvolante-dns auto hostname wan1: ネットボランチDNSのホスト名を自動生成するか否かを選択します
690	netvolante-dns auto hostname LAN-INTERFACE: ネットボランチDNSのホスト名を自動生成するか否かを選択します
691	netvolante-dns auto save: ネットボランチDNSの初期登録が完了した時の、自動的に設定内容を保存するファイルを指定します。'OFF'に設定すると自動保存を禁止します。'AUTO'に設定すると運用中の設定ファイルに保存します。
692	netvolante-dns delete go pp: ネットボランチDNSサーバから設定を削除します
693	netvolante-dns delete go wan1: ネットボランチDNSサーバから設定を削除します
694	netvolante-dns delete go LAN-INTERFACE: ネットボランチDNSサーバから設定を削除します
695	netvolante-dns get hostname list: ネットボランチDNSサーバに登録されているホスト名の一覧を取得します
696	netvolante-dns go pp:   ネットボランチDNSサーバに登録/更新します
697	netvolante-dns go wan1: ネットボランチDNSサーバに登録/更新します
698	netvolante-dns go LAN-INTERFACE: ネットボランチDNSサーバに登録/更新します
699	netvolante-dns hostname host pp: 選択したインタフェースで使用するネットボランチDNSのホスト名を指定します
700	netvolante-dns hostname host wan1: 選択したインタフェースで使用するネットボランチDNSのホスト名を指定します
701	netvolante-dns hostname host LAN-INTERFACE: 選択したインタフェースで使用するネットボランチDNSのホスト名を指定します
702	netvolante-dns port:    ネットボランチDNS接続で使用するポート番号を設定します
703	netvolante-dns register timer: ネットボランチDNS登録の更新間隔を秒単位で設定します
704	netvolante-dns retry interval pp: ネットボランチDNS接続で自動更新に失敗したときのリトライするまでの時間とリトライ回数を設定します
705	netvolante-dns retry interval wan1: ネットボランチDNS接続で自動更新に失敗したときのリトライするまでの時間とリトライ回数を設定します
706	netvolante-dns retry interval LAN-INTERFACE: ネットボランチDNS接続で自動更新に失敗したときのリトライするまでの時間とリトライ回数を設定します
707	netvolante-dns server:  ネットボランチDNSサーバのIPアドレスまたはドメイン名、サーバ名、パスワードを指定します
708	netvolante-dns server update address port: ネットボランチDNSサーバーのIPアドレス更新通知の待ち受けポート番号を設定します
709	netvolante-dns server update address use: ネットボランチDNSサーバーのIPアドレス変更通知を受け取り、設定を自動更新するか否かを選択します
710	netvolante-dns set hostname pp: ネットボランチDNSのホスト名をシリアル番号が含まれた形で設定します
711	netvolante-dns set hostname wan1: ネットボランチDNSのホスト名をシリアル番号が含まれた形で設定します
712	netvolante-dns set hostname LAN-INTERFACE: ネットボランチDNSのホスト名をシリアル番号が含まれた形で設定します
713	netvolante-dns timeout pp: ネットボランチDNS接続でタイムアウトするまでの時間を設定します
714	netvolante-dns timeout wan1: ネットボランチDNS接続でタイムアウトするまでの時間を設定します
715	netvolante-dns timeout LAN-INTERFACE: ネットボランチDNS接続でタイムアウトするまでの時間を設定します
716	netvolante-dns use pp:  選択されている相手に対して、ネットボランチDNSサービスを使用するか否かを選択します
717	netvolante-dns use wan1: 選択されている相手に対して、ネットボランチDNSサービスを使用するか否かを選択します
718	netvolante-dns use LAN-INTERFACE: 選択されている相手に対して、ネットボランチDNSサービスを使用するか否かを選択します
719	ngn radius account callee: NGN網からの着信時にRADIUSアカウンティングを使用するか否かを選択します
720	ngn radius account caller: NGN網への発信時にRADIUSアカウンティングを使用するか否かを選択します
721	ngn radius auth password: NGN電話番号をRADIUSで認証するときに使用するパスワードを設定します
722	ngn renumbering link-refresh: リナンバリング時にLANインターフェースをリンクアップし直すか否かを設定します
723	ngn type LAN-INTERFACE: NGNを使用するLANインタフェースの種類を指定します
724	nslookup:               DNSを解決します
725	ntp backward-compatibility: NTP機能の後方互換性を設定します
726	ntp local address:      NTPパケットの始点アドレスを設定します
727	ntpdate:                NTPサーバより日付を設定します
728	operation button function download: DOWNLOADボタン押下時の機能を設定します
729	operation execute batch permit: DOWNLOADボタンによるバッチファイル実行を許可するか否かを設定します
730	operation external-memory download permit: 外部メモリボタンとDOWNLOADボタンの同時押下による設定ファイル、ファームウェアファイルのコピー操作を許可するか否かを設定します
731	operation http revision-up permit: DOWNLOADボタンによるリビジョンアップ操作を許可するか否かを設定します
732	ospf area:              OSPFエリアを定義します
733	ospf area network:      経路を他のエリアに広告する時に、指定したネットワークの経路は集約して広告します。'restrict'が指定された時には集約された経路も含めて何も広告しません
734	ospf area stubhost:     指定したホストがスタブホストであると設定します
735	ospf configure refresh: OSPFの設定を動作に反映させます
736	ospf export filter:     OSPFから導入する経路のフィルタを設定します
737	ospf export from:       OSPFから他のプロトコルへ導入する経路を制限します
738	ospf import filter:     OSPFへの経路導入フィルタを設定します
739	ospf import from:       OSPFに指定したプロトコルの経路を導入します
740	ospf log:               OSPFのログの種類を設定します
741	ospf merge equal cost stub: コストの等しい重複したスタブを許すか否かを設定します
742	ospf preference:        OSPFにより得られた経路のプリファレンス値を設定します
743	ospf reric interval:    インターフェースの状態変化時、OSPFに外部経路を反映する時間の間隔を設定します
744	ospf router id:         OSPFのルータIDを設定します
745	ospf use:               OSPF機能を使うか否かを設定します
746	ospf virtual-link:      OSPFバックボーンエリアで用いるバーチャルリンクを設定します
747	packetdump pp:          インタフェースのパケットをダンプします
748	packetdump wan1:        インタフェースのパケットをダンプします
749	packetdump LAN-INTERFACE: インタフェースのパケットをダンプします
750	ping:                   指定した宛先にpingコマンドを実行します
751	ping6:                  指定した宛先にping6コマンドを実行します
752	pki certificate file:   証明書ファイルを設定します
753	pki crl file:           CRLファイルを設定します
754	pp always-on:           常時接続機能を使用するか否か選択します
755	pp auth accept:         受け入れ可能な認証方式を設定します
756	pp auth multi connect prohibit: 同じユーザから複数同時に接続するのを禁止するかどうか選択します
757	pp auth myname:         認証のための自分の名前とパスワードを設定します
758	pp auth request:        要求する認証方式を設定します
759	pp auth username:       認証のためのユーザネームとパスワードを設定します。PP_Anonymous選択時にはISDNアドレスとIPアドレスが設定できます
760	pp backup:              PPとの接続がダウンした時にバックアップするインタフェースを指定します
761	pp backup recovery time: 接続が復旧してからバックアップを止めるまでの時間を設定します
762	pp bind:                選択されている相手先情報番号にバインドされるインタフェースを指定します
763	pp disable:             パラメータで指定した相手に対する発着信を無効にします
764	pp enable:              パラメータで指定した相手に対する発着信を有効にします
765	pp keepalive interval:  キープアライブを出すインターバルとダウン検出用のカウントを設定します
766	pp keepalive log:       キープアライブをログに取るかどうか選択します
767	pp keepalive use:       キープアライブの種類を選択します
768	pp name:                接続相手名を設定します
769	pp select:              相手先情報番号を選択します
770	ppp ccp maxconfigure:   [PPP_CCP] パラメータccp-max-configureを設定します
771	ppp ccp maxfailure:     [PPP_CCP] パラメータccp-max-failureを設定します
772	ppp ccp maxterminate:   [PPP_CCP] パラメータccp-max-terminateを設定します
773	ppp ccp no-encryption:  暗号化なしの接続を許可するか否かを設定します
774	ppp ccp restart:        [PPP_CCP] パラメータccp-restartを設定します
775	ppp ccp type:           [PPP_CCP] 圧縮方法または暗号方法を選択します
776	ppp chap maxchallenge:  [PPP_CHAP] パラメータchap-max-challengeを設定します
777	ppp chap restart:       [PPP_CHAP] パラメータchap-restartを設定します
778	ppp ipcp ipaddress:     [PPP_IPCP] IPアドレスのネゴシエーションを行なうか否か選択します
779	ppp ipcp maxconfigure:  [PPP_IPCP] パラメータipcp-max-configureを設定します
780	ppp ipcp maxfailure:    [PPP_IPCP] パラメータipcp-max-failureを設定します
781	ppp ipcp maxterminate:  [PPP_IPCP] パラメータipcp-max-terminateを設定します
782	ppp ipcp msext:         [PPP_IPCP] MS拡張IPCPオプションを使用するか否か選択します
783	ppp ipcp remote address check: [PPP_IPCP] リモートIPアドレスのチェックを行なうか否か選択します
784	ppp ipcp restart:       [PPP_IPCP] パラメータipcp-restartを設定します
785	ppp ipcp vjc:           [PPP_IPCP] Van Jacobson Compressed TCP/IP を使用するか否か選択します
786	ppp ipv6cp use:         IPV6CPを交渉するか否かを設定します
787	ppp lcp accm:           [PPP_LCP] Async-Control-Character-Mapオプションを使用するか否か選択します
788	ppp lcp acfc:           [PPP_LCP] Address-and-Control-Field-Compression オプションを使用するか否か選択します
789	ppp lcp magicnumber:    [PPP_LCP] Magic-Numberオプションを使用するか否か選択します
790	ppp lcp maxconfigure:   [PPP_LCP] パラメータlcp-max-configureを設定します
791	ppp lcp maxfailure:     [PPP_LCP] パラメータlcp-max-failureを設定します
792	ppp lcp maxterminate:   [PPP_LCP] パラメータlcp-max-terminateを設定します
793	ppp lcp mru:            [PPP_LCP] Maximum-Receive-Unitオプションを使用するか否か選択します
794	ppp lcp pfc:            [PPP_LCP] Protocol-Field-Compression オプションを使用するか否か選択します
795	ppp lcp restart:        [PPP_LCP] パラメータlcp-restartを設定します
796	ppp lcp silent:         [PPP_LCP] 相手から受信するまでLCP Configure-Requestの送信を待つかどうか選択します
797	ppp mscbcp maxretry:    [PPP_MSCBCP] パラメータmscbcp-max-retryを設定します
798	ppp mscbcp restart:     [PPP_MSCBCP] パラメータmscbcp-restartを設定します
799	ppp pap maxauthreq:     [PPP_PAP] パラメータpap-max-authreqを設定します
800	ppp pap restart:        [PPP_PAP] パラメータpap-restartを設定します
801	pppoe access concentrator: 選択されている相手についてPPPoEで接続するアクセスコンセントレータ名を指定します
802	pppoe auto connect:     選択されている相手に対して、PPPoEセッションを自動で接続するか否かを選択します
803	pppoe auto disconnect:  選択されている相手に対して、PPPoEセッションを自動で切断するか否かを選択します
804	pppoe disconnect time:  選択されている相手に対して、タイムアウトによりPPPoEセッションを自動切断する時間を設定します
805	pppoe invalid-session forced close: 強制的に不正なPPPoEセッションを終了するか否かを設定します
806	pppoe padi maxretry:    PADIパケットの最大再送回数を指定します
807	pppoe padi restart:     PADIパケットの再送時間を指定します
808	pppoe padr maxretry:    PADRパケットの最大再送回数を指定します
809	pppoe padr restart:     PADRパケットの再送時間を指定します
810	pppoe pass-through member: PPPoEパススルー機能で使用する実インターフェースを設定します
811	pppoe service-name:     選択されている相手についてPPPoEで要求するサービス名を指定します
812	pppoe tcp mss limit:    PPPoEセッション上でTCPパケットのMSSを制限するかどうかを設定します
813	pppoe use:              選択されている相手に対して、PPPoEにバインドするインタフェースを指定します
814	pptp hostname:          PPTPホスト名を設定します
815	pptp keepalive interval: PPTPキープアライブを出すインターバルとダウン検出用のカウントを設定します
816	pptp keepalive log:     PPTPキープアライブをログに取るかどうか選択します
817	pptp keepalive use:     PPTPキープアライブを使用するか否か選択します
818	pptp service:           PPTPサーバ機能を動作させるか否かを設定します
819	pptp service type:      PPTPサーバとして動作するか、PPTPクライアントとして動作するかを設定します
820	pptp syslog:            PPTPのコネクション制御のsyslogを出力するか否かを設定します
821	pptp tunnel disconnect time: 選択されている相手に対して、タイムアウトによりPPTPトンネルを自動切断する時間を設定します
822	pptp vendorname:        PPTPベンダー名を設定します
823	pptp window size:       PPTPウィンドウサイズを設定します
824	queue class filter:     キューのクラス分けのためのフィルタを定義します
825	queue pp class filter list: キューイングのために適用するフィルタを設定します
826	queue pp default class: キューイングのデフォルトクラスを設定します
827	queue pp length:        送信キューの長さを設定します
828	queue pp type:          キューイングの方式を選択します
829	queue tunnel class filter list: キューイングのために適用するフィルタを設定します
830	queue tunnel default class: キューイングのデフォルトクラスを設定します
831	queue wan1 class control: Dynamic Class Control機能の設定をします
832	queue wan1 class filter list: キューイングのために適用するフィルタを設定します
833	queue wan1 class property: キューイングクラスの属性を設定します
834	queue wan1 default class: キューイングのデフォルトクラスを設定します
835	queue wan1 length:      送信キューの長さを設定します
836	queue wan1 type:        キューイングの方式を選択します
837	queue LAN-INTERFACE class control: Dynamic Class Control機能の設定をします
838	queue LAN-INTERFACE class filter list: キューイングのために適用するフィルタを設定します
839	queue LAN-INTERFACE class property: キューイングクラスの属性を設定します
840	queue LAN-INTERFACE default class: キューイングのデフォルトクラスを設定します
841	queue LAN-INTERFACE length: 送信キューの長さを設定します
842	queue LAN-INTERFACE type: キューイングの方式を選択します
843	quit:                   ログアウトします
844	radius account:         RADIUSのアカウント機能を使用するか否かを選択します
845	radius account port:    RADIUSアカウントサーバのポート番号を設定します
846	radius account server:  RADIUSアカウントサーバのIPアドレスを設定します
847	radius auth:            RADIUSの認証機能を使用するか否かを選択します
848	radius auth port:       RADIUS認証サーバのポート番号を設定します
849	radius auth server:     RADIUS認証サーバのIPアドレスを設定します
850	radius retry:           リトライする回数と待つ時間を設定します
851	radius secret:          RADIUSシークレットの設定をします
852	radius server:          RADIUSサーバのIPアドレスを設定します
853	rdate:                  リモートホストより日付を設定します
854	remote setup accept:    このルータに遠隔設定を許可するルータを設定します
855	rename:                 ファイル名/ディレクトリ名またはパスを変更します
856	restart:                不揮発性メモリの内容に従ってルータを再起動します
857	rip advertise mode:     RIPv2での広告動作モードを設定します
858	rip filter rule:        RIPフィルターの規則を設定します
859	rip preference:         RIPのプリファレンス値を設定します
860	rip timer:              RIPのタイマーを設定します
861	rip use:                RIP機能を使うか否かを設定します
862	rollback timer:         ロールバックタイマーを起動します
863	rotate external-memory syslog: 外部メモリに保存されたSYSLOGのローテート(バックアップ)を行ないます
864	rtfs format:            フラッシュROMのRTFS領域をフォーマットします
865	rtfs garbage-collect:   フラッシュROMのRTFS領域をガベージコレクトします
866	save:                   管理ユーザにログインしてから変更した設定内容を不揮発性メモリに書き込みます
867	schedule at:            指定した日時にコマンドを実行しますTIMER = 1-3600
868	scp:                    SCPを実行します
869	sd use:                 microSDカードを使用するか否かを設定します
870	security class:         セキュリティクラスを設定します
871	set:                    変数を設定します
872	set-default-config:     起動時のデフォルト設定ファイル名を設定します
873	set-serial-baudrate:    シリアルポートのボーレートを設定します
874	sftpd host:             SFTPでアクセスできるホストを設定します
875	show account:           発着信回数と課金情報を表示します
876	show account mobile:    MOBILEの発着信回数を表示します
877	show account ngn data:  NGN(DATA)の発着信回数と課金情報を表示します
878	show account pp:        PPの発着信回数と課金情報を表示します
879	show alias:             エイリアスを表示します
880	show arp:               ARPテーブルを表示します
881	show bridge learning BRIDGE-INTERFACE: ラーニング情報を表示します
882	show command:           コマンド一覧を表示します
883	show command history:   コマンド履歴を表示します
884	show config:            設定情報を表示します
885	show config ap:         指定したAPの設定情報を表示します
886	show config difference: 設定情報の差分を表示します
887	show config list:       設定情報を表示します
888	show config pp:         設定情報を表示します
889	show config switch:     指定したスイッチの設定情報を表示します
890	show config tunnel:     設定情報を表示します
891	show copyright:         ソフトウェアの著作権情報を表示する
892	show dns cache:         DNSキャッシュの情報を表示します
893	show dpi application:   DPI機能で識別可能なアプリケーションを表示します
894	show dpi cache:         識別結果のキャッシュを表示します
895	show dpi category:      DPI機能で識別可能なアプリケーションのカテゴリー一覧を表示します
896	show dpi statistics:    DPIの統計情報を表示します
897	show environment:       システムのセットアップに関する情報を表示します
898	show exec list:         実行形式ファームウェアファイルの情報を表示します
899	show file list:         ファイル情報を表示します
900	show history:           通信履歴を表示します
901	show ip connection:     動的フィルタで観測しているIPコネクションを表示します
902	show ip connection detail: 動的フィルタで観測しているIPコネクションを表示します
903	show ip intrusion detection: 侵入検知の情報を表示します
904	show ip rip table:      IPのRIPテーブルを表示します
905	show ip route:          パラメータで指定した終点IPアドレスか、すべてのIPの経路情報を表示します
906	show ip secure filter bridge1: IPフィルタの設定情報を表示します
907	show ip secure filter loopback1: IPフィルタの設定情報を表示します
908	show ip secure filter loopback2: IPフィルタの設定情報を表示します
909	show ip secure filter loopback3: IPフィルタの設定情報を表示します
910	show ip secure filter loopback4: IPフィルタの設定情報を表示します
911	show ip secure filter loopback5: IPフィルタの設定情報を表示します
912	show ip secure filter loopback6: IPフィルタの設定情報を表示します
913	show ip secure filter loopback7: IPフィルタの設定情報を表示します
914	show ip secure filter loopback8: IPフィルタの設定情報を表示します
915	show ip secure filter loopback9: IPフィルタの設定情報を表示します
916	show ip secure filter null: IPフィルタの設定情報を表示します
917	show ip secure filter pp: IPフィルタの設定情報を表示します
918	show ip secure filter tunnel: IPフィルタの設定情報を表示します
919	show ip secure filter wan1: IPフィルタの設定情報を表示します
920	show ip secure filter LAN-INTERFACE: IPフィルタの設定情報を表示します
921	show ipsec sa:          現在管理しているSAを表示します
922	show ipv6 address:      IPv6のアドレス情報を表示します
923	show ipv6 connection:   動的フィルタで観測しているIPv6コネクションを表示します
924	show ipv6 connection detail: 動的フィルタで観測しているIPv6コネクションを表示します
925	show ipv6 mroute fib:   IPv6マルチキャストの経路情報を表示します
926	show ipv6 neighbor cache: IPv6の近隣情報を表示します
927	show ipv6 ospf:         OSPFv3の情報を表示します
928	show ipv6 rip table:    IPv6のRIPテーブルを表示します
929	show ipv6 route:        IPv6の経路情報を表示します
930	show ipv6 secure filter bridge1: IPv6フィルタの設定情報を表示します
931	show ipv6 secure filter loopback1: IPv6フィルタの設定情報を表示します
932	show ipv6 secure filter loopback2: IPv6フィルタの設定情報を表示します
933	show ipv6 secure filter loopback3: IPv6フィルタの設定情報を表示します
934	show ipv6 secure filter loopback4: IPv6フィルタの設定情報を表示します
935	show ipv6 secure filter loopback5: IPv6フィルタの設定情報を表示します
936	show ipv6 secure filter loopback6: IPv6フィルタの設定情報を表示します
937	show ipv6 secure filter loopback7: IPv6フィルタの設定情報を表示します
938	show ipv6 secure filter loopback8: IPv6フィルタの設定情報を表示します
939	show ipv6 secure filter loopback9: IPv6フィルタの設定情報を表示します
940	show ipv6 secure filter null: IPv6フィルタの設定情報を表示します
941	show ipv6 secure filter pp: IPv6フィルタの設定情報を表示します
942	show ipv6 secure filter tunnel: IPv6フィルタの設定情報を表示します
943	show ipv6 secure filter LAN-INTERFACE: IPv6フィルタの設定情報を表示します
944	show lan-map LAN-INTERFACE: LANマップの状態を表示します
945	show lan-map LAN-INTERFACE: LANマップの状態を表示します
946	show lan-map BRIDGE-INTERFACE: LANマップの状態を表示します
947	show log:               システム及び通信のログを表示します
948	show macro:             マクロを表示します
949	show nat descriptor address: NATのアドレスの状態を表示します
950	show nat descriptor interface address pp: インタフェースのNATのアドレスの状態を表示します
951	show nat descriptor interface address tunnel: インタフェースのNATのアドレスの状態を表示します
952	show nat descriptor interface address wan1: インタフェースのNATのアドレスの状態を表示します
953	show nat descriptor interface address LAN-INTERFACE: インタフェースのNATのアドレスの状態を表示します
954	show nat descriptor interface bind pp: NATディスクリプタとインタフェースのバインド情報を表示します
955	show nat descriptor interface bind tunnel: NATディスクリプタとインタフェースのバインド情報を表示します
956	show nat descriptor interface bind wan1: NATディスクリプタとインタフェースのバインド情報を表示します
957	show nat descriptor interface bind LAN-INTERFACE: NATディスクリプタとインタフェースのバインド情報を表示します
958	show nat descriptor masquerade port: IPマスカレードで使用しているポートの個数を表示します
959	show nat descriptor masquerade session: IPマスカレードで使用しているセッション数を表示します
960	show nat descriptor masquerade session statistics: IPマスカレードで使用しているセッションの統計情報を表示します
961	show pki certificate summary: 証明書の情報を表示します
962	show pki crl:           CRLの情報を表示します
963	show pp connect time:   選択されているか、指定した相手先の接続時間情報を表示します
964	show pppoe pass-through learning: ラーニング情報を表示します
965	show set:               変数を表示します
966	show sshd authorized-keys: 公開鍵認証にて認証を許可するSSHクライアントの公開鍵の情報を表示します。fingerprint キーワードを指定した場合は、公開鍵の鍵長と鍵指紋を表示します。
967	show sshd host key:     SSHサーバのホスト鍵を表示します。fingerprint キーワードを指定した場合は、ホスト鍵の鍵長と鍵指紋を表示します。
968	show status backup:     バックアップの情報を表示します
969	show status bgp:        BGPの情報を表示します
970	show status boot:       起動の情報を表示します
971	show status boot all:   起動の情報を表示します
972	show status boot list:  起動の情報の履歴を表示します
973	show status cloud vpn:  クラウドVPN機能の情報を表示します
974	show status cooperation: 連携動作の状態を表示します
975	show status dhcp:       DHCPの情報を表示します
976	show status dhcpc:      DHCPクライアントの情報を表示します
977	show status dpi:        DPIの情報を表示します
978	show status ethernet:   イーサネットフィルタの情報を表示します
979	show status external-memory: 外部メモリの動作状態を表示します
980	show status heartbeat:  生存通知の受信情報を表示します
981	show status heartbeat2: 生存通知(リリース2)の受信情報を表示します
982	show status ip keepalive: IPキープアライブの情報を表示します
983	show status ipip:       IPIPの情報を表示します
984	show status ipip tunnel: IPIPの情報を表示します
985	show status ipv6 dhcp:  DHCPv6の情報を表示します
986	show status ipv6 mld:   MLDの情報を表示します
987	show status l2tp:       L2TPの情報を表示します
988	show status l2tp tunnel: L2TPの情報を表示します
989	show status license:    ライセンス情報を表示します
990	show status license authentication: LMSサーバーとの認証状態を表示します
991	show status lua:        Luaスクリプト機能の情報を表示します
992	show status mail service: メールサービスの情報を表示します
993	show status mobile signal-strength: 定期実行で取得した電波の受信レベルを表示します
994	show status nat46 table: NAT46テーブルの情報を表示します
995	show status nat46 table tunnel: NAT46テーブルの情報を表示します
996	show status netvolante-dns pp: ネットボランチDNSの情報を表示します
997	show status netvolante-dns wan1: ネットボランチDNSの情報を表示します
998	show status netvolante-dns LAN-INTERFACE: ネットボランチDNSの情報を表示します
999	show status ngn:        NGNインタフェースの情報を表示します
1000	show status ospf:       OSPFの情報を表示します
1001	show status packet-buffer: パケットバッファの情報を表示します
1002	show status pp:         相手先の情報を表示します
1003	show status pptp:       PPTPの情報を表示します
1004	show status qos:        QoSの情報を表示します
1005	show status remote setup: リモートセットアップ機能の情報を表示します
1006	show status rtfs:       RTFSの情報を表示します
1007	show status sd:         SDメモリの動作状態を表示します
1008	show status status-led: STATUS LEDの情報を表示します
1009	show status switch control: スイッチ制御機能の情報を表示します
1010	show status switch control route backup: 経路バックアップ機能の動作状態を表示します
1011	show status switching-hub macaddress: スイッチングハブのMACアドレステーブルを表示します
1012	show status tunnel:     トンネルインタフェースの情報を表示します
1013	show status upnp:       UPnPの情報を表示します
1014	show status usbhost:    USBホスト機能の動作状態を表示します
1015	show status usbhost modem: USB接続されたモデムの通信状態を表示します
1016	show status user:       ログインユーザの情報を表示します
1017	show status user history: ユーザのログイン履歴を表示します
1018	show status vlan:       VLANインタフェースの情報を表示します
1019	show status vrrp:       VRRPの情報を表示します
1020	show status wan1:       WANインタフェースの情報を表示します
1021	show status yno:        YNOエージェントの情報を表示します
1022	show status yno las:    LASの情報を表示します
1023	show status BRIDGE-INTERFACE: インタフェースの情報を表示します
1024	show techinfo:          技術サポート情報を表示します
1025	show url filter:        URLフィルタの情報を表示します
1026	sip 100rel:             SIPの発信時に100rel(RFC3262)をサポートするか設定します
1027	sip arrive address check: SIP着信時にuser名を検証するか否かを設定します
1028	sip arrive ringing p-n-uatype: SIP着信時のRingingレスポンスにP-N-UATypeヘッダを付加するか否かを選択します
1029	sip arrive session timer method: SIPの着信時にsip-session-timer機能で使用するメソッドを設定します
1030	sip arrive session timer refresher: SIPの着信時にsip-session-timerが設定されていて、refresherが指定されていない場合に、200 OKレスポンスで指定するrefresherを設定します
1031	sip ip protocol:        SIPの発呼に使用するプロトコルを指定します
1032	sip log:                SIPの詳細なログを出力するか否か選択します
1033	sip outer address:      SIPで使用する外側アドレスを設定します
1034	sip response code busy: SIP着信時に着信できるポートがない場合に返すレスポンスコードを指定します
1035	sip session timer:      SIPのsession-timer機能のタイマ値を設定します
1036	sip use:                SIPによるVoIP機能を使用するか否かを選択します
1037	sip user agent:         送信するSIPパケットにUser-Agentヘッダを設定するかどうかを設定します
1038	snmp community read-only: SNMPv1によるアクセスモードが読み出し専用であるコミュニティの名称を設定します
1039	snmp community read-write: SNMPv1によるアクセスモードが読み書き可能なコミュニティの名称を設定します
1040	snmp display ipcp force: IPCPで得られたIPアドレスをSNMPのインタフェースアドレスとして表示することを強制します
1041	snmp host:              SNMPv1によるアクセスを許可するホストを設定します
1042	snmp ifindex switch static index: スイッチのifIndexを静的に登録します
1043	snmp local address:     SNMPパケットの始点アドレスを設定します
1044	snmp syscontact:        MIB変数sysContactを設定します
1045	snmp syslocation:       MIB変数sysLocationを設定します
1046	snmp sysname:           MIB変数sysNameを設定します
1047	snmp trap community:    SNMPv1トラップのコミュニティ名称を設定します
1048	snmp trap cpu threshold: CPU使用率の閾値を超えたり下回った時にトラップを送信するかを設定します
1049	snmp trap delay-timer:  SNMPトラップの送信を遅延します
1050	snmp trap enable snmp:  送信するSNMPトラップを設定します
1051	snmp trap enable switch: 送信するスイッチのSNMPトラップを設定します
1052	snmp trap enable switch common: 送信する共通のスイッチのSNMPトラップを設定します
1053	snmp trap host:         SNMPv1トラップの受信ホストを設定します
1054	snmp trap link-updown separate-l2switch-port LAN-INTERFACE: 各ポートのLinkUp/Down毎にTrapを送信するか設定します
1055	snmp trap memory threshold: メモリ使用率の閾値を超えたり下回った時にトラップを送信するかを設定します
1056	snmp trap mobile signal-strength: モバイル端末の電波強度トラップを送信するかを設定します
1057	snmp trap send linkdown pp: LinkDownトラップを送信するかを設定します
1058	snmp trap send linkdown tunnel: LinkDownトラップを送信するかを設定します
1059	snmp trap send linkdown wan1: LinkDownトラップを送信するかを設定します
1060	snmp trap send linkdown LAN-INTERFACE: LinkDownトラップを送信するかを設定します
1061	snmp yrifppdisplayatmib2: MIB変数yrIfPpDisplayAtMib2を設定します
1062	snmp yrifswitchdisplayatmib2: MIB変数yrIfSwitchDisplayAtMib2を設定します
1063	snmp yriftunneldisplayatmib2: MIB変数yrIfTunnelDisplayAtMib2を設定します
1064	snmp yrswindex switch static index: yrswindexを静的に登録します
1065	snmpv2c community read-only: SNMPv2cによるアクセスモードが読み出し専用であるコミュニティの名称を設定します
1066	snmpv2c community read-write: SNMPv2cによるアクセスモードが読み書き可能なコミュニティの名称を設定します
1067	snmpv2c host:           SNMPv2cによるアクセスを許可するホストを設定します
1068	snmpv2c trap community: SNMPv2cトラップのコミュニティ名称を設定します
1069	snmpv2c trap host:      SNMPv2cトラップの受信ホストを設定します
1070	snmpv3 context name:    SNMPv3で使用するSNMPコンテキスト名を設定します
1071	snmpv3 engine id:       SNMPv3で使用するSNMPエンジンIDを設定します
1072	snmpv3 host:            SNMPv3によるアクセスを許可するホストを設定します
1073	snmpv3 trap host:       SNMPv3トラップの受信ホストを設定します
1074	snmpv3 usm user:        SNMPv3で使用するUSMユーザ情報を定義します
1075	snmpv3 vacm access:     SNMPv3で使用するVACMユーザグループのアクセス権を定義します
1076	snmpv3 vacm view:       SNMPv3で使用するVACMビューファミリを定義します
1077	sntpd host:             SNTPサーバーへのアクセスを許可するホストを設定します
1078	sntpd service:          SNTPサーバー機能を有効にするか否かを設定します
1079	speed wan1:             インタフェースの速度をbit/s単位で設定します
1080	speed LAN-INTERFACE:    インタフェースの速度をbit/s単位で設定します
1081	ssh:                    SSHを実行します
1082	ssh encrypt algorithm:  SSHクライアントで使用する暗号アルゴリズムを設定します
1083	ssh known hosts:        SSHクライアントで接続するリモートホストの公開鍵を保存するファイルを設定します
1084	sshd auth method:       SSHサーバで使用する認証方式を設定します
1085	sshd authorized-keys filename: SSHクライアントの公開鍵を格納したファイルを設定します
1086	sshd client alive:      SSHでクライアント生存確認を行うか否かを設定します
1087	sshd encrypt algorithm: SSHサーバで使用する暗号アルゴリズムを設定します
1088	sshd hide openssh version: SSHサーバー応答に含まれるOpenSSHのバージョン情報を隠すかどうかを設定します
1089	sshd host:              SSHでアクセスできるホストを設定します
1090	sshd host key generate: SSHサーバのホスト鍵を生成します
1091	sshd listen:            SSHサーバのポート番号を設定します
1092	sshd service:           SSHDサーバ機能を動作させるか否かを設定します
1093	sshd session:           SSHで同時に接続できるユーザ数を設定します
1094	statistics:             統計機能の動作を設定します
1095	switch config directory: スイッチの設定ファイルを保存するディレクトリを設定します
1096	switch config filename: スイッチの設定を保存するファイルを設定します
1097	switch control config get: スイッチから設定ファイルを受信します
1098	switch control config set: 設定ファイルをスイッチに送信します
1099	switch control firmware upload go: スイッチにファームウェアを転送します
1100	switch control function default: スイッチのすべての設定を初期値に戻します
1101	switch control function execute clear-counter: カウンタをクリアします
1102	switch control function execute clear-macaddress-table: MACアドレステーブルを消去します
1103	switch control function execute reset-loopdetect: ループ検出の状態をリセットします
1104	switch control function execute restart: スイッチを再起動します
1105	switch control function execute restart-poe-supply: 給電を再開します
1106	switch control function execute start-poe-supply: PoE給電を開始します
1107	switch control function execute stop-poe-supply: PoE給電を停止します
1108	switch control function get boot-rom-version: BootROMバージョンを取得します
1109	switch control function get counter-frame-rx-type: counter-frame-rx-typeの設定値を取得します
1110	switch control function get counter-frame-tx-type: counter-frame-tx-typeの設定値を取得します
1111	switch control function get energy-saving: energy-savingの設定値を取得します
1112	switch control function get firmware-revision: ファームウェアリビジョンを取得します
1113	switch control function get lag-load-balancing-rule: LAGのロードバランスのルールを取得します
1114	switch control function get lag-type: リンクアグリゲーションのタイプを取得します
1115	switch control function get led-brightness: led-brightnessの設定値を取得します
1116	switch control function get loopdetect-count: loopdetect-countの設定値を取得します
1117	switch control function get loopdetect-linkdown: loopdetect-linkdownの設定値を取得します
1118	switch control function get loopdetect-port-use: loopdetect-port-useの設定値を取得します
1119	switch control function get loopdetect-recovery-timer:loopdetect-recovery-timerの設定値を取得します
1120	switch control function get loopdetect-time: loopdetect-timeの設定値を取得します
1121	switch control function get loopdetect-use-control-packet:loopdetect-use-control-packetの設定値を取得します
1122	switch control function get macaddress-aging: macaddress-agingの設定値を取得します
1123	switch control function get macaddress-aging-timer: macaddress-aging-timerの設定値を取得します
1124	switch control function get mirroring-dest: mirroring-destの設定値を取得します
1125	switch control function get mirroring-src-rx: mirroring-src-rxの設定値を取得します
1126	switch control function get mirroring-src-tx: mirroring-src-txの設定値を取得します
1127	switch control function get mirroring-use: mirroring-useの設定値を取得します
1128	switch control function get model-name: 機器の品番を取得します
1129	switch control function get poe-class: poe-classの設定値を取得します
1130	switch control function get port-auto-crossover: port-auto-crossoverの設定値を取得します
1131	switch control function get port-blocking-control-packet:port-blocking-control-packetの設定値を取得します
1132	switch control function get port-blocking-data-packet:port-blocking-data-packetの設定値を取得します
1133	switch control function get port-flow-control: port-flow-controlの設定値を取得します
1134	switch control function get port-speed: port-speedの設定値を取得します
1135	switch control function get port-speed-downshift: port-speed-downshiftの設定値を取得します
1136	switch control function get port-use: port-useの設定値を取得します
1137	switch control function get qos-dscp-remark-class: qos-dscp-remark-classの設定値を取得します
1138	switch control function get qos-dscp-remark-type: qos-dscp-remark-typeの設定値を取得します
1139	switch control function get qos-policing-speed: qos-policing-speedの設定値を取得します
1140	switch control function get qos-policing-use: qos-policing-useの設定値を取得します
1141	switch control function get qos-shaping-speed: qos-shaping-speedの設定値を取得します
1142	switch control function get qos-shaping-use: qos-shaping-useの設定値を取得します
1143	switch control function get qos-speed-unit: qos-speed-unitの設定値を取得します
1144	switch control function get serial-number: シリアル番号を取得します
1145	switch control function get status-combo-port: コンボポートの状態を取得します
1146	switch control function get status-counter-frame-rx: 受信フレームカウンタの値を取得します
1147	switch control function get status-counter-frame-tx: 送信フレームカウンタの値を取得します
1148	switch control function get status-counter-octet-rx: 受信オクテットカウンタの値を取得します
1149	switch control function get status-counter-octet-tx: 送信オクテットカウンタの値を取得します
1150	switch control function get status-fan: 冷却用ファンの動作状態を取得します
1151	switch control function get status-fan-rpm: ファンの回転数を取得します
1152	switch control function get status-led-mode: LED表示モードの動作状態を取得します
1153	switch control function get status-loopdetect-port: ポートのループ検出状態を取得します
1154	switch control function get status-loopdetect-recovery-timer: ループ検出によりリンクダウンされたポートの再リンクアップまでの時間を取得します
1155	switch control function get status-macaddress-addr: MACアドレステーブルに学習したポート番号を表示します
1156	switch control function get status-macaddress-port: ポート毎のMACアドレステーブルを表示します
1157	switch control function get status-poe-detect-class: 接続した機器の給電クラスを取得します
1158	switch control function get status-poe-state: ポートの給電状態を取得します
1159	switch control function get status-poe-supply: ポートの供給電力を取得します
1160	switch control function get status-poe-supply-detail: ポートの供給電力を取得します
1161	switch control function get status-poe-supply-total: 機器全体の供給電力を取得します
1162	switch control function get status-poe-temperature: 内部温度を取得します
1163	switch control function get status-port-sfp-rx-power: SFPポートの受光レベルを取得します
1164	switch control function get status-port-speed: ポートの通信速度および動作モードを取得します
1165	switch control function get system-macaddress: 機器のMACアドレスを取得します
1166	switch control function get system-name: system-nameの設定値を取得します
1167	switch control function get system-uptime: 起動してからの時間を取得します
1168	switch control function get vlan-access: vlan-accessの設定値を取得します
1169	switch control function get vlan-id: vlan-idの設定値を取得します
1170	switch control function get vlan-multiple: vlan-multipleの設定値を取得します
1171	switch control function get vlan-multiple-use: vlan-multiple-useの設定値を取得します
1172	switch control function get vlan-port-mode: vlan-port-modeの設定値を取得します
1173	switch control function get vlan-trunk: vlan-trunkの設定値を取得します
1174	switch control function set counter-frame-rx-type: カウントする受信フレームのタイプを設定します
1175	switch control function set counter-frame-tx-type: カウントする送信フレームのタイプを設定します
1176	switch control function set energy-saving: 省電力機能を使用するか否か選択します
1177	switch control function set led-brightness: LEDの輝度を設定します
1178	switch control function set loopdetect-count: ループ検出のMACアドレス移動回数閾値を設定します
1179	switch control function set loopdetect-linkdown: ループが検出された時の動作を設定します
1180	switch control function set loopdetect-port-use: ポートのループ検出機能を使用するか否かを設定します
1181	switch control function set loopdetect-recovery-timer: ループ検出によるリンクダウンの自動復帰時間を設定します
1182	switch control function set loopdetect-time: ループ検出のMACアドレス移動連続時間閾値を設定します
1183	switch control function set loopdetect-use-control-packet: スイッチ制御パケットによるループ検出を行うかどうかを設定します
1184	switch control function set macaddress-aging: MACアドレステーブルのエージングを行うか否かを設定します
1185	switch control function set macaddress-aging-timer: MACアドレステーブルのエージング間隔を設定します
1186	switch control function set mirroring-dest: スニファポートを設定します
1187	switch control function set mirroring-src-rx: 受信トラフィックをミラーリングするか否かを設定します
1188	switch control function set mirroring-src-tx: 送信トラフィックをミラーリングするか否かを設定します
1189	switch control function set mirroring-use: ポートミラーリング機能を使用するか否か選択します
1190	switch control function set poe-class: ポートの給電クラスを設定します
1191	switch control function set port-auto-crossover: ポートのオートクロスオーバー機能を使用するか否かを設定します
1192	switch control function set port-blocking-control-packet: ポートでスイッチ制御パケットを遮断するかどうかを設定します
1193	switch control function set port-blocking-data-packet: ポートでデータパケットを遮断するかどうかを設定します
1194	switch control function set port-flow-control: ポートのフロー制御を行うかどうかを設定します
1195	switch control function set port-speed: ポートの通信速度および動作モードを設定します
1196	switch control function set port-speed-downshift: ポートの速度ダウンシフト機能を使用するか否かを設定します
1197	switch control function set port-use: ポートを使用するか否かを設定します
1198	switch control function set qos-dscp-remark-class: DSCPリマーキングのクラスを設定します
1199	switch control function set qos-dscp-remark-type: DSCPリマーキングの種類を設定します
1200	switch control function set qos-policing-speed: 受信トラフィックポリシング速度を設定します
1201	switch control function set qos-policing-use: 受信トラフィックポリシングを行うか否か選択します
1202	switch control function set qos-shaping-speed: 送信トラフィックシェーピング速度を設定します
1203	switch control function set qos-shaping-use: 送信トラフィックシェーピングを行うか否か選択します
1204	switch control function set qos-speed-unit: QoSで使う単位速度を設定します
1205	switch control function set system-name: 機器の名前を設定します
1206	switch control function set vlan-access: ポートベースVLANが参加するVLAN登録番号を設定します
1207	switch control function set vlan-id: VLAN登録番号にVLAN IDを設定します
1208	switch control function set vlan-multiple: マルチプルVLANのグループ番号を設定します
1209	switch control function set vlan-multiple-use: マルチプルVLANを使用するか否かを設定します
1210	switch control function set vlan-port-mode: ポートのVLAN動作モードを設定します
1211	switch control function set vlan-trunk: タグVLANが参加するVLAN登録番号を設定します
1212	switch control mode:    スイッチ制御機能の動作モードを設定します
1213	switch control route backup: 経路に対するバックアップポートを設定します
1214	switch control use LAN-INTERFACE: スイッチ制御機能を使用するか否かを設定します
1215	switch control use LAN-INTERFACE: スイッチ制御機能を使用するか否かを設定します
1216	switch control use BRIDGE-INTERFACE: スイッチ制御機能を使用するか否かを設定します
1217	switch control watch interval: スイッチの監視時間間隔とダウン検出用のカウントを設定します
1218	switch select:          スイッチを選択します
1219	syslog debug:           DEBUGレベルのSYSLOGを出力するか否か選択します
1220	syslog execute command: 実行されたコマンドをログに残すか否か選択します
1221	syslog facility:        SYSLOGのファシリティを設定します
1222	syslog host:            SYSLOGを送信するホストを設定します
1223	syslog info:            INFOレベルのSYSLOGを出力するか否か選択します
1224	syslog local address:   SYSLOGパケットの始点アドレスを設定します
1225	syslog notice:          NOTICEレベルのSYSLOGを出力するか否か選択します
1226	syslog srcport:         SYSLOGの始点ポート番号を設定します
1227	system cpu threshold:   CPU使用率の閾値を設定します
1228	system memory threshold: メモリ使用率の閾値を設定します
1229	system packet-buffer:   パケットバッファパラメータを設定します
1230	take lan-map snapshot LAN-INTERFACE: スナップショットファイルを作成します
1231	take lan-map snapshot LAN-INTERFACE: スナップショットファイルを作成します
1232	take lan-map snapshot BRIDGE-INTERFACE: スナップショットファイルを作成します
1233	tcp log:                TCPコネクションのログを表示するか否かを設定します
1234	tcp session limit:      ルーターが端点となるTCPのセッション数を設定します
1235	telnet:                 TELNETクライアントを実行します
1236	telnetd host:           TELNETでアクセスできるホストを設定します
1237	telnetd listen:         TELNETDサーバのポート番号を設定します
1238	telnetd service:        TELNETDサーバ機能を動作させるか否かを設定します
1239	telnetd session:        TELNETで同時に接続できるユーザ数を設定します
1240	terminate lua:          タスクID指定により、Luaスクリプトを強制終了します
1241	terminate lua file:     ファイル名指定により、Luaスクリプトを強制終了します
1242	tftp host:              TFTPによるアクセスできるホストを設定します
1243	time:                   現在時刻を設定します
1244	timezone:               タイムゾーンを設定します
1245	traceroute:             指定した宛先までの経路を調べます
1246	traceroute6:            指定した宛先までの経路を調べます
1247	tunnel backup:          トンネルインタフェースがダウンした時にバックアップするインタフェースを指定します
1248	tunnel disable:         指定したトンネルインタフェースを無効にします
1249	tunnel enable:          指定したトンネルインタフェースを有効にします
1250	tunnel encapsulation:   トンネルインタフェースの種別を選択します
1251	tunnel endpoint address: トンネル端点のアドレスを指定します
1252	tunnel endpoint local address: 自分側トンネル端点のIPアドレスまたはホスト名を指定します
1253	tunnel endpoint name:   トンネル端点の名前を指定します
1254	tunnel endpoint remote address: 相手側トンネル端点のIPアドレスまたはホスト名を指定します
1255	tunnel map-e:           MAP-Eトンネル接続で使用するパラメーターを設定します
1256	tunnel map-e type:      MAP-Eトンネルの種類を選択します
1257	tunnel multipoint local name: マルチポイント・トンネルで使用する自分の名前を設定します
1258	tunnel multipoint server: マルチポイント・トンネルのサーバーのアドレスを設定します
1259	tunnel name:            トンネルインタフェースの名前を設定します
1260	tunnel ngn arrive permit: 選択されている相手からの着信を許可するか否かを選択します
1261	tunnel ngn bandwidth:   NGN網を介したトンネルインタフェースの帯域幅を選択します
1262	tunnel ngn call permit: 選択されている相手への発信を許可するか否かを選択します
1263	tunnel ngn disconnect time: タイムアウトにより回線を自動切断する時間を設定します
1264	tunnel ngn fallback:    自動的に再発信する相手先を設定します
1265	tunnel ngn interface:   NGNトンネル接続で使用するNGN用LANインタフェースを設定します
1266	tunnel ngn radius auth: NGN電話番号をRADIUSで認証するか否かを設定します
1267	tunnel select:          トンネルインタフェースを選択します
1268	tunnel template:        トンネルテンプレートを設定します。
1269	tunnel translation:     トンネルインタフェースの種別を選択します
1270	tunnel type:            トンネルインタフェースの接続種別を選択します
1271	upnp external address refer: UPnPに使用するIPアドレスを取得するインタフェースを選択します
1272	upnp port mapping timer: UPnPのポートマッピングを消去するためのタイマを設定します
1273	upnp port mapping timer type: UPnPのポートマッピングを消去するためのタイマのタイプを設定します
1274	upnp syslog:            UPnPのsyslogを出力するか否かを設定します
1275	upnp use:               UPnP機能を使うか否かを設定します
1276	url filter:             URLに対するフィルタを定義します
1277	url filter log:         内部データベース参照型URLフィルタのsyslogを出力するか否かを設定します
1278	url filter port:        URLフィルタでチェックするポート番号を設定します
1279	url filter reject:      URLフィルタで破棄するパケットの送信元に返すHTTPレスポンスの動作を設定します
1280	url filter use:         URLフィルタを使用するか否かを設定します
1281	url pp filter:          インタフェースに対するURLのフィルタリングを設定します
1282	url tunnel filter:      インタフェースに対するURLのフィルタリングを設定します
1283	url wan1 filter:        インタフェースに対するURLのフィルタリングを設定します
1284	url LAN-INTERFACE filter: インタフェースに対するURLのフィルタリングを設定します
1285	usbhost modem flow control: モデムのフロー制御を行うかどうかを設定します
1286	usbhost modem initialize: モデムの初期設定時に設定するATコマンドを設定します
1287	usbhost overcurrent duration: 過電流として検出するまでの時間を設定します
1288	usbhost use:            USBホスト機能を使用するか否かを設定します
1289	user attribute:         ログインユーザの属性を設定します
1290	vlan port mapping LAN-INTERFACE: スイッチのポートが所属するVLANインタフェースを設定します
1291	vlan VLAN-INTERFACE 802.1q: VLAN Identifier を設定します
1292	wan1 access limit connection length: 指定したWANに対して、送受信データ長の上限値を設定します
1293	wan1 access limit connection time: 指定したWANに対して、接続時間の上限値を設定します
1294	wan1 access limit duration: 指定したWANに対して、累積管理する期間を設定します
1295	wan1 access limit length: 指定したWANに対して、累積送受信データ長の上限値を設定します
1296	wan1 access limit time: 指定したWANに対して、累積通信時間の上限値を設定します
1297	wan1 access-point name: アクセスポイント名を設定します
1298	wan1 always-on:         常時接続機能を使用するか否か選択します
1299	wan1 auth myname:       認証のための自分の名前とパスワードを設定します
1300	wan1 auto connect:      指定したWANに対して、モバイルインターネット接続を自動で接続するか否かを選択します
1301	wan1 bind:              指定したWANとインタフェースとを結びつけます
1302	wan1 disconnect input time: 指定したWANに対して、パケット無入力時に回線を切断する時間を設定します
1303	wan1 disconnect output time: 指定したWANに対して、パケット無送出時に回線を切断する時間を設定します
1304	wan1 disconnect time:   指定したWANに対して、タイムアウトにより自動切断する時間を設定します
1305	wins server:            WINSサーバのIPアドレスを設定します(最大2)
1306	wol send:               Wake On LANでPCを起動するためにMagic Packetを送信します
1307	yno access code:        YNOのアクセスコードを設定します
1308	yno gui-forwarder timeout: GFW接続でタイムアウトするまでの時間を設定します
1309	yno https-proxy:        YNOで使用するHTTPS Proxyサーバーの設定をします
1310	yno las connection keepalive: LASサーバーとのコネクションに対するキープアライブを設定します
1311	yno las request retry:  LASリクエストの送信を再試行する回数を設定します
1312	yno las request timeout: 送信したLASリクエストの応答待ちがタイムアウトするまでの時間を設定します
1313	yno las syslog queue length: SYSLOG送信キューの長さを設定します
1314	yno log:                YNOエージェントが追加で出力するSYSLOGの種類を設定します
1315	yno use:                YNOエージェント機能を使用するか否かを設定します
1316	yno zero-config id:     ゼロコンフィグIDを設定します

コメント

タイトルとURLをコピーしました