児童書のおすすめ本58選

Microsoft Storeの確認済みアプリではありません、の意味

Microsoft Storeの確認済みアプリではありません、の意味

当初は無かったと記憶しているが、Windows10が登場してしばらくしてからダウンロードしたフリーソフトなどをインストールするときなどに以下のメッセージが表示されるようになった。

インストールしようとしているアプリは、Microsoft Store の確認済みアプリではありません
メッセージの意味
マイクロソフトが認定したアプリじゃないから危険かもね。
ウイルスだったとしても知らないよ。

わたしは「マイクロソフトの髭おじさん」と呼んでいる。(絵の男性が髭を生やしているので)

画面に表示されたインストールボタンをクリックすれば、アプリはインストールされる。
ただし、インストール前に必ずダウンロードしたファイルをウイルスチェックしておくべきだ。(特にChromeやFirefoxなどのブラウザを使っている場合)
ラズパイ:OSイメージをマイクロSDカードに焼く

ちなみにマイクロソフトストアは、以下のような画面のサイト。
Microsoft Storeの確認済みアプリではありません、の意味

AppleのiTunesやGoogleのGooglePlayストアなどのようにマイクロソフトが運営したかったサイトだと思うが、まだ活気づいていない。
スマホ市場では出遅れた感のあるマイクロソフト。
今後フリーソフトなどはこちらからダウンロードさせようと考えているのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA