DXはよくわからないが、AIもよくわからない

スポンサーリンク
言葉のロゴ 言葉

昨今よく見聞きするDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉がある。
ネットで調べると大抵ながたらしく説明されていて、結局なんだか意味が分からなかった。
総合した所、

デジタル技術による社会や業務の変革

DXとは?

ということなんだそうだ。

なんだ、そんなにDX、DXと叫ばなくても、もう充分DXされているじゃないかと思った。

多くの人がスマホを使って、行ったことのない国の人が作った動画を見て料理を作ったり、趣味を高めたりしている。
見ず知らずの人がSNSにアップした情報を信じて、新しいレストランに行ったり、イベントに出掛けたりしているじゃないか。

10年前なら一部のネットに詳しい人だけがしていたことを、今では多くの人がやっている。
社会は十分変革されたんじゃないか?なぜそう急かすんだ。DXという横文字よ。

そういえば、ゾンビのように数十年周期で復活するAI(アーティフィシャル・インテリジェンス=日本名:人工知能)という言葉も2文字の英語だ。
AIもわたしの人生の中で何度もたち現れた言葉だが、いまだに意味がよくわからない。
そもそも、本当の人工知能はまだ存在していないのに、商品に「AI搭載」などとうたってしまうから余計意味がわからなくなる。

凡人に理解させないで事をすすめるには、英単語の省略形に限る。
頭の悪いわたしのような人間に、こうした横文字をぶつけておけば思考停止に陥らせて黙らせることが出来る。
ただしこれは、純粋な日本人に対してのみ有効だ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました