Chrome79で追加となったパスワード保護機能で表示されるメッセージ

スポンサーリンク
Chrome79で追加となったパスワード保護機能で今後表示されるであろうメッセージ IT知識

Chromeバージョン79でパスワード保護機能というものが追加された。
普段利用しているサイトにIDとパスワードでログインするとブラウザ上で例えばこんなメッセージが表示される。

パスワードを変更してください
サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。
XXXXX.com のパスワードをすぐに変更することをおすすめします。

実際の画像

Chrome79で追加となったパスワード保護機能で今後表示されるであろうメッセージ

このメッセージを見ると一瞬自分のサイトが攻撃されたのかとあせってしまうが、実際にあなたのサイトのパスワードが漏洩したという意味ではない。(もちろん、その可能性も否定できないが…)
Googleの説明によると、過去に漏洩のあったID+パスワードの組み合わせとあなたのサイトで使われているID+パスワードが一致した際に表示されるメッセージ、とのこと。

まあ、不正アクセスされる可能性が高い状態ということではあるので、パスワードは変更した方が無難だと考える。

ちなみに上記の画像はわたしが運営しているワードプレスで作ったどうでもいい情報のサイトで表示された。この時のパスワードは、

ID yamada
パスワード yamada

としていた。(そりゃ漏洩するだろうと思う)

最近Googleは、セキュリティの強化に余念がない感じだ。Google自体日々不正アクセスにさらされているのだろうと思う。だからこうした機能が日々追加されていく。情報を制する者が世界を制す、という言葉はだいぶ昔に聞いたが、情報を制されてもなんとか生きていくだけの知恵は持ち合わせていたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました