面白かった本(その他)一覧

本の感想:プログラミングのはじめかた

わたしは特に4章の「面白い」と感じるのはどういう時だろう、という問いに対する著者の答えにはハッとさせられた。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:99.9%は仮説

99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 竹内 薫(著) 「飛行機が飛ぶしくみは、まだわかっていない」という冒頭...

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:「なんでシュートしないんだ!」では子どもは育たない

2014年ブラジルW杯日本代表の1勝2敗という結果に対して「メディアや解説者、指導者がシステムを重視しすぎるせいで、選手が頭でっかちになっている」という分析は今の日本人全体に響いてくる。昔なら普通にいたであろう「自分で考えて、自分で行動できる子供」が育っていないのだ。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:本当の旅は二度目の旅/谷村新司

コンサートでのトークが上手である、という情報を少なからず知っていたが、それは本当だと感じたのは、「はじめに」の冒頭部分を読んだ時だ。 いつのまにかさまようことから少しずつ離れ始めてしまう。でも心ではいつも放浪していたいと願っている。 読んだ瞬間、彼の「昴」という名曲が思い浮かんだ。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:ドラッグなんていらない

本書を読んで、「知識が無いことは、犯罪でもある」という言葉を思い出した。水谷修が中高生に出会って現場で肌で感じた必要性から本書は生まれたのだろう。それにしても小学生から知っておかなければならないような状況に現代の日本もなってきたのかと思うとぞっとする。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:ハーフサイズカメラ遊楽

フィルムカメラは、もう時代遅れだ。 ひねくれ者のわたしでも、さすがにフィルムカメラなど使わない、と言いたいところだが、やっぱりわたしはひねくれ者なので、フィルムカメラを使っている。しかもただのフィルムカメラではない。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:小さいことにくよくよするな

小さいことにくよくよするな リチャード・カールソン(著) わたしの中ではこうしたタイトルの本を<励まし本>と呼んでいる。 ...

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:世界の住まい大図鑑

本書を読んで気づくのは、家というものはその土地の気候や自然と密接につながっているという事実だ。その土地の地形を利用し、土質や身の回りに多く存在する木や海藻などを家の素材として利用している。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:僕は君たちに武器を配りたい

本書の言う「武器」とは、銃や兵器のことではなく、現代資本主義社会で生きていく上での「投資家的な生き方」のすすめのことなのだ。もちろん単純に株やFX、不動産による不労所得を得る方法などではない。投資家的に<考えて>、投資家的に<行動する>うえでの「戦い方」を著者は武器として提示している。

記事を読む

NO IMAGE

本の感想:コンピュータが仕事を奪う

「技術によって生活の場所を奪われて初めて人々はその意味に気づくのです」 わたしたちが、今まで奪われてきた仕事についての冒頭の言葉が印象的だ。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク