児童書のおすすめ本59選

Android SDKへのパス確認方法(2019年3月)

Android SDKへのパス確認方法

通常のインストールであれば、以下のフォルダにAndroid SDKがインストールされる。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Android\Sdk

基本的な確認方法

1.Android Studioを起動

2.Fileメニューから Settings… をクリック
Android SDKへのパス確認方法

3.Settingsウインドウが開く

Appearance & Behavior項目の System Settings > Android SDK をクリック
Android SDK Location: の項目に設定内容が記述されている。
Android SDKへのパス確認方法

補足(というか蛇足)

わたしの場合、UnityAndroidアプリを実機テストしてみようとした際にAndroid SDKの場所が必要になった。

なんとUnityでAndroid向けのアプリをビルドするにはAndroid StudioJDKなどインストールしなければならず、かなり面倒くさかった。

Android開発の環境は以前から重いイメージがあったが、最新のAndroid Studioも同じだった。
しかも最初に起動したときは突然必要なプラグインなどのダウンロードやインストールが始まるので、始めるまでが一苦労だ。
常にネット接続して何かダウンロードしている感じだ。

Visual Studioも重い環境だが、まだAndroid Studioよりはいいかなと思う。
Visual Studioの方がどちらかと言えば(まあ、どちらかと言えばだが)ユーザインターフェースがスッキリしている感がある。

だからこれからもAndroid Studioは使わないと思う。

個人的にはエディタとブラウザだけで開発できるJavaScriptによるWebアプリ作りが一番性に合っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA