94歳で他界した祖母のメモ書き【その3】

スポンサーリンク

祖母のメモ書き【その3】です。
2013-02-11 at 10.40.52
「サクラダファミリア教会」
スペインの世界遺産ですね。2026年ごろに完成予定だそうです。
これはわたしも見てみたい。


2013-02-11 at 10.44.14
「やっかみ」
(ねたむ、そねむ、しっとする)

生きていればこういう気持ちもあります。
2013-02-11 at 10.45.56
「ご無理ごもっとも」
自分に言い聞かせているような言葉ですね。
2013-02-11 at 10.47.01
「平成三年十二月三十一日
 晴美が買って来てくれる(金をはらう)」

お金を払ったかどうかは大事です。文書保存の原則ですね。
2013-02-11 at 10.47.16
「ふだんのおこない」
そうです。ふだんが大事なのです!
2013-02-11 at 10.49.41
「芸術は」
「クロッカス」

わたしはどうしても続けて「芸術はクロッカス!」と読んでしまいたいところですが、別々に書いたメモです。
太宰治の『晩年』というタイトルも気が利いています。
2013-02-11 at 10.50.21
「塑像(土でつくった人がた)」
「吉宗」

一句きました!
「地すべりの
 きづあとのこる 山はだに
 命つなつけ
 苗木植えゆく」

その光景が浮かぶようです。
自然と戦っている人はかっこいい。
2013-02-11 at 10.51.23
○がついている短歌は、生前祖母の部屋に飾ってあった置き物に書いてありました。
若山牧水の句です。
幾山河越え さり行かば
さびしさの はてなむ國ぞ 今日も旅ゆく

2013-02-11 at 10.52.14
「訓はひらがな」
音はカタカナ
2013-02-11 at 10.52.39
おきまりの四葉のクローバー。これは大きめです。
2013-02-11 at 10.55.03
「井の中の蛙 大海をしらず」
「弱り目に祟り目」

わたしは40を過ぎても井の中の蛙です。
祖母のメモ書き【その4完】へつづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました