2014年01月一覧

NO IMAGE

ウェアラブル端末という名の「自分」

携帯電話でわたしたちは、時間を節約できるようになった。素晴らしい進歩だ。 それに伴って、漢字が書けなくなった。相手の電話番号を憶えなくなっただけでなく、その人とのコミュニケーション履歴も<思い出す>のではなく、携帯で検索するようになった。

記事を読む

NO IMAGE

ずくなし

色々と祖母には教えてもらったが、何度も聞かされた言葉というものがある。「寝るより楽は、なかりけり」 小学生のころ、寝る前によく聞かされた。

記事を読む

NO IMAGE

アイデア:わたしの中のfacebook

たぶん、facebookというサービスは無くなってしまうと思うので、わたしは独自にfacebookという名のサイトを考えた。 それは「日常における顔っぽく見える写真を集めたもの」というものだ。

記事を読む

NO IMAGE

つまらない旅先で読むつまらない本

旅行を快適に過ごそうと、荷物になんでもかんでも持参する人がいる。そんなに快適な旅をしたいのなら、いっそのこと家で過ごせばいいのに、と思ってしまうのはわたしだけだろうか。

記事を読む

NO IMAGE

詩:そういう人生

人の気持ちが分かるようにと 教えられたのに その人の立場になってから やっと気がつく

記事を読む

NO IMAGE

フルマラソンに失敗して得たもの

わたしはフルマラソンに過去3回挑戦して、完走したのはただの1度だけ。2回は失格(時間制限があるため)だった。フルマラソンに関しては失敗続きのわたしだが、学ぶことはあった。

記事を読む

NO IMAGE

学校と成長

教育という仕事は不安になることが多い。時々教えている学生が、自分との関わり(授業など)の中で成長しているのだろうかという不安だ。

記事を読む

NO IMAGE

一番は一人だけ

卒業式で、校長先生から送られた言葉の数々はほとんど憶えていない。しかし、小学校の卒業式で教頭先生から送られた言葉は今でもよく憶えている。短い言葉だったが、いい言葉だった

記事を読む

NO IMAGE

どんど焼きの思い出

子供の頃、正月明けの15日は、「どんと焼き」という行事があった。 正式な名前は分からない。子どもの頃は適当に「どんと焼き」、「どんど焼き」、「どんどん焼き」などと言っていたように思う。

記事を読む

NO IMAGE

時代によって人間の言っていることはさまざま

小野田寛郎(おのだひろお)さんが1月16日に亡くなった。享年91歳だった。 テレビでは、小野田さんのこんな言葉を紹介していた。 「時代によって人間の言っていることは、さまざま。

記事を読む

NO IMAGE

成績表からもれたもの

世の中は個人個人の集まりでもあるのだし、個人の主観でのみ判断することが悪いことだとは思えない。

記事を読む

NO IMAGE

画面ロックのパターンを見やぶる簡単な技

タブレットやスマートフォンは、セキュリティの機能として画面ロックが様々に選べる。 画面ロックに「パターン」による認識を設定している人は多い。わたしもその一人だ。 わたしの様に簡単なパターンで登録して、なおかつディスプレイ保護膜などつけていない場合は、簡単にばれてしまうことが判明した。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク