児童書のおすすめ本60選

驚いたときの言葉表現

驚いたときの言葉表現

言葉の表現にも色々あります。
日本人は比較的感情表現が少ない国民性もあって、感情を表す言葉も諸外国に比べ少ないと言われています。

表現が豊かだと人生も豊かになる(のかな?)と信じて驚いたときの言葉の表現第1段階から第3段階まで3つのレベルで表してみました。

第1段階「擬音」

日常会話が第1段階だけだと少しお寂し村になってしまいますね。

・えっ!
・うわっ
・ぎゃー
・キャー
・へ?

第2段階「単語が入る」

第2段階は漫画的。それもギャグ漫画かな。

・あー、ビックリした。
・まじかよ!
・焦ったわ。
・でかっ(少々擬音に近い。でかいを大げさに言う表現)
・しょぼ!(上記同様、擬音に近い。しょぼくれたを大げさに言う表現)

第3段階「比喩表現になる」

第3段階が一番良いとは言えませんが、想像力が必要となります。ただ、第3段階の言葉で日常会話をしようとするとけっこう疲れます。あと、他人から少々小うるさい感じに思われてしまうのでは?

・心臓が止まるかと思った
・(綺麗な人を見て)雷に打たれた
・一瞬、月におったわ
・リンゴより赤いんとちゃう?
・昨日すっげー速いゴキブリ見たんだけど。速すぎてゴキブリかどうかさえ分からなかったけど。

それでは皆さん。

ゲロ素敵な人生を!
最高に素敵な人生を!
秋の稲穂より豊かな実りある素敵な人生を!(やはり小うるさい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA