被害者は容疑者

スポンサーリンク
そういう気持ち

推理小説だと最初に被害者のような顔をして登場した人物が、あとあと容疑者として明かされたりする。

実際に起きた犯罪事件などを追ってみていくと、被害者が途中から容疑者に変わるのは、なにも推理小説だけの話ではない気がしてくる。
事実は小説より奇なり、とはよく言ったものだ。

一見、被害者面をしている人には、気をつけなければならない。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました