自分を信じるとはどういうことか

スポンサーリンク

「自分を信じる」という言葉をよくオリンピックやスポーツの祭典などで耳にします。


わたしは以前からこの言葉があまり好きではありませんでした。
何か嘘くさい感じがする言葉ですし、自分に自信がある人は自分を信じることが出来ていいよなぁ、とさえ思っていました。
わたしの働く学校では月に一度スポーツ大会があるのですが、最近そのスポーツ大会において「自分を信じる」を実践してみようとなぜか思い立ち試合中も試合前も心の中で「自分を信じる」を連呼していました。
心の中で「自分を信じよう」と強く思っているとき、最初に出てきた言葉が「負けない」でした。
次に頭に思い浮かんだのは、「あきらめない」でした。
スポーツ大会の結果は運よく優勝でした。
自分を信じるということは、なかなか出来ません。
途中で投げ出したくなるからです。「自分じゃ無理かな」とか。

スポーツは独りでしているものではありません。
他人を信じる、チームメイトを信じる、ということも心の支えになると思った次第です。
ふと、相手から「この人なら」と信用される人になりたいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました