自分の定義

スポンサーリンク
自分の定義 そういう気持ち

「他人がいるから自分というものを認識できる」、というような意味のことを何度か本で読んだことがある。
「その観点に立つと他人は自分そのものということになる」と本で読んだのは、ここまで。

色々な他人に出会うと自分を知るきっかけになるような気がする。しかし、それはあくまでその人と色々コミュニケーションをとった場合だ。
例えば、街を歩いていて目の前に大勢の人がいても自分のことを良く知ることが出来るわけでもない。せいぜい、身長が自分は高いのか低いのかとか姿勢がいいのか悪いのか、服装がおしゃれかダサいかくらいだろう。
そう考えると、自分という存在をもっとよく知りたければ、より多くの人と沢山のコミュニケーションをとる必要がある。
わたしが未だに自分自身を良く分かっていないのは、人とのつき合いが苦手だからかもしれない。
人づき合いは、自分づき合いという事か。

コメント

タイトルとURLをコピーしました