真夏の死語の世界

スポンサーリンク
言葉のロゴ 言葉

おっはー。日本の夏はすでに亜熱帯だ。
目の前の暑さにじぇじぇじぇとうなってしまうではないか。

この暑さでは、何に対して全集中!すればいいのか!
五輪ピックでは、世界中の人に日本の「暑さ」がお・も・て・な・しできている。

ひそかに観ていた卓球の伊藤美誠のプレイはチョベリグだったが、コロナ対策のマンボウと緊急事態宣言の行ったり来たりにはガン萎えだわ。こうなったら自民党政権に鉄槌を倍返しだ!

とりあえずは3密回避でステイホームして、家であつ森するか愛の不時着観るしかないっしょ。

そう言えば、アベノマスク。今じゃ愛車のグローブボックスに鎮座してマスクを忘れたときの控え選手として待機している。(でもマスク忘れたときにはしたくない。小さいから)

最近じゃ男が男に壁ドンもありになりつつあるよね。こうなったら何でもありの世の中だ。
生きたいように生きて行け。いつするの?今でしょ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました