気象庁の天気予報JSONファイルをJavaScriptで利用する流れ

スポンサーリンク
JavaScript


例として今日の東京地方の天気予報を表示させる。
プログラムでは、一括して変数weatherに天気予報JSONを取得しているので、あとは必要なデータを取り出して表示するだけ。

ソースコード

index.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <script src="main.js"></script>
    <title>気象庁APIからお天気JSONデータ取得の流れ</title>
</head>
<body>
    <p id="weather"></p>
</body>
</html>

main.js

// 気象庁のAPIから天気JSONファイルを読み取る
const url = "https://www.jma.go.jp/bosai/forecast/data/forecast/130000.json";

// JSONデータ取得後に呼び出す関数
function formatWeather(weather){
    // JSON全体
    console.log(weather);

    // 個別に取り出す(例:東京の今日の天気)
    const area = weather[0].timeSeries[0].areas[0].area.name;
    const tenki = weather[0].timeSeries[0].areas[0].weathers[0];
    const time = new Date(weather[0].timeSeries[0].timeDefines[0]);
    const date = time.getMonth() + 1 + "月" + time.getDate() + "日";
    
    document.getElementById("weather").textContent = `${date} ${area}は${tenki}`;
}

window.addEventListener("load", ()=>{
    // JSONデータ取得
    fetch(url)
        .then( response => response.json() )
        .then( weather => formatWeather(weather));

});

実行イメージ

参考までにコンソールに取得したJSONファイルをそのまま表示させている。

ソースコード補足

main.jsで指定した変数urlは、東京の予報区コードのアドレスになっている。例えば福島県の天気であれば、

const url = "https://www.jma.go.jp/bosai/forecast/data/forecast/070000.json";

などとする。

参考

気象庁のAPIと予報区のコード | あんこエデュケーション
気象庁のAPIを呼び出すためのJavaScriptのソースコードと予報区のコード一覧を公開しております。

注意点

  • どの項目が、どんなデータかは、気象庁のサイトで公開されいてるわけではないため、自分で読み取るしかない。
  • 時間帯によっては、配列の要素数が変化することがあるため、要素が見つからない場合の対処が必要である。(例えば、配列wethersは今日、明日、明後日の天気予報データで通常3つの要素数を持つが、時間帯によっては今日・明日の2つの要素しかないときがある)
  • 上記サンプルコードは、サーバにアップロードしないと確認できない。とはいえちょっと確認するのにサーバにいちいちアップは面倒なので、プログラムの動作確認には、xamppやPythonに付属の簡易サーバなどをたてて確認する必要がある。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました