児童書のおすすめ本59選

本を読む速度

本を読む速度

人は同じ本を読んでも同じ事を考えている訳ではない。

同じ一つの文章を読んでも、皆が皆同じ事に考えを巡らしている訳ではないのだ。
小説の一文を読んだある人は、そのままの意で受け取るかもしれないし、またある人はその一文から過去の記憶を呼び覚ましているかもしれない。

ベストセラーと呼ばれている本はきっと多くの人に受ける内容が書いてあるに違いないが、人が何に対して感動したのかはそれぞれの人に聞いてみないことには分からない。

わたしは本を読む速度がとりわけ遅い方だ。(家族から読むの遅いねえ、とよく言われる)
連続して長い時間読むことが出来ないからでもあるのだが、わたしはどうしてもある一定量を読んだら少し休まないと次に進めないのだ。

これは単純に言ってしまえば、理解力が低いからだと思う。
文章を読んで、それを自分の中で咀嚼する時間が他人より長いに違いない。
食事の消化時間が人それぞれ違うように。

もっと高速に本を読むことが出来るなら、一生のうちに沢山の本を読むことが可能である。もちろん、望むところではある。
しかし、本を読んで物事を考えているのは自分だ。
きっとその速度は人生の速度に違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA