児童書のおすすめ本60選

映画の感想:億男

映画の感想:億男

期待せずに見に行ったら、面白い映画だった。
お金の価値や人生の価値について考えさせられる映画だ。

借金を抱える佐藤健演じる主人公の一男(かずお)が、福引で手にした宝くじで3億円を手にする。
突然の大金を手にし不安を抱えた一男は、大学時代の親友で現在億万長者の九十九(つくも)に相談を持ち掛ける。
しかし、九十九は一男の3億円を持って失踪してしまう。

最後に九十九は一男の前に姿を現す。
親友の九十九が3億円を持って失踪してから再び姿を現すまでの間に一男はお金に対する感情が大きく変わっていた。

…というあらすじだ。

この映画を見に行く予定ではなかったのだが、訳あって映画館近くに用事が出来たので、時間つぶしに見た映画が「億男」だった。
映画自体は、佐藤健と高橋一生の2枚看板俳優のキャストで、これだけで十分見たい人がいる映画だと思う。
原作の川村元気の本は別に何冊か読んだことがあるが、いつも読んでいる時はいたく感動するのだが後に残らないものが多い。
現代で言うなら、まとめサイトのような内容だからかもしれない。
この映画もお金や幸せについてダイジェストで見せている感がある。

無駄な部分を省いてお金と幸せについて考えさせてくれる映画として本作は良い映画だと思う。
わたし個人的には、北村一樹演じた百瀬さんが面白かった。(演技とセリフが)
また、九十九は吃音をもつ人物設定になっていたが、演じた高橋一生が見事でぐっとくるシーンが多々あった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA