携帯ゲーム機のPSPやDSには、なぜタイマー機能がついていないのか/制限時間で使えなくなる機能は子どもには必要だと思う

スポンサーリンク

わたしは、自分の子に携帯ゲーム機や携帯電話を与えてはいません。
なぜなら、必要ないと思うからです。
invader_play
【写真/2011年4月24日 インベーダーゲームを作った】
遊ぶなら、外で遊んで欲しいという気持ちもあります。
ゲームなど大人になったらいくらでも買って遊ぶことが出来るのではないでしょうか。


わたしの妻が言っていました。
「なぜ携帯ゲーム機には、タイマー機能がついてないのかなぁ」と。
わたしもゲームをしたことがあるので分かりますが、ゲームで遊んでいると1時間というのはあっという間です。
子どもの場合、楽しいことは、ゲームに限らず、制限無くやってしまう傾向があります。
1時間以上も、あの小さいディスプレイを凝視して指だけ動かしていると思うと、人間らしさはなくなっていくと思います。どんなゲームであれ、です。
そして視力は確実に悪くなります。
外で遊んだり、体を動かしたりする時間を削ってまですることかなぁ、と思います。
ディスプレイには、色々なものが映し出されますが、本当に見たいものが映し出されているとは思えません。
以前、ノートパソコンを使っていたときにバッテリーがなくなり、急にディスプレイが消えました。
暗くなったディスプレイに写った自分の顔に、ぞっとしたことを覚えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました