思えば遠くへ来たもんだ

西田敏行が出演していた「思えば遠くへ来たもんだ」というドラマがあった。
わたしは実際に見たことは無いが、西田敏行がほぼ裸同然の恰好で新聞のドラマ広告欄に載っていたから覚えている。

遠い」という言葉には、地理的に遠いという場合と、心が離れていて遠いという2種類の意味がある。
わたしが生まれた場所は、長野県。今住んでいる場所は、茨城県。直線距離にして測ると200キロと離れていない。
現代からすればさほど遠いとも言えなくはないが、歩けば1日では到底たどり着かない。
わたしの場合、身体からすれば十分に遠い距離を移動してきたと言える。

自分と故郷との距離が遠い場合、心で感じる「遠さ」に影響するのだろうか?
わたしの場合、答えは然りだ。故郷に対して、心は遠くなっている…とここまで考えた時「いやまてよ」となった。
わたしは時間という概念を考え忘れていることに気づいた。

となると導き出される公式は

心の距離 = 実際の距離 × 過ごした時間

あたりか。
う〜ん、しかし単純な掛け算ではない気もする。
AIには到底解けない問題である。
わたしの人生、時間も考慮するなら思えば遠くに来た気がしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA