児童書のおすすめ本60選

心に響く言葉

近所の公民館にちょっとした図書館のようなスペースがあり、そこでは本を貸してくれます。
もう何年も前から蔵書の数は変化してないような感じです。
貸し出すときも貸し出しファイルのようなものがあり、そこに本を借りたい人が自分で借りた本と返す日付を記入するだけのシンプルさ。
多分、本が盗まれても分からないのではないかと思います。
先日、そこで「あいだみつを」の本があることを知りページをめくっていたらこんな言葉を見つけました。
心に響いたのでここに記しておきます。

 やれなかった。
  やらなかった。
    どっちかな。
   あいだ みつを

「やれなかった。」というと後悔や言い訳にも聞こえてきます。
人生、タイミングですね。
「今」かもしれません。
〓武田〓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA