子どもが作る「何か」

スポンサーリンク

家に帰るとこたつの上にねりけしで作った「何か」が置いてあった。

2013-12-24 at 19.22.33crop
実は白鳥の親子(見た目は黒鳥) – 日本に古来から伝わる<ねりけし>で作られている

「あひるの親子」だった。

娘が冬休みの暇をもてあまして作ったものだった。

夕食がひととおり終わった後、

「みんなにプレゼントあるんだよね」

と息子。
それは小学校から帰る途中、道に落ちていたゴミと家にあった紙粘土、つまようじを使って作った「何か」だった。

「何か」1
2013-12-24 at 19.18.23
「この黒い目の部分、よく道に落ちてるんだよねえ」息子談

「何か」2
2013-12-24 at 19.19.00
「あっ、と思いついて作ったんだよねえ。顔はマジックで描いたんだよ」息子談

「何か」3
2013-12-24 at 19.19.29
「いいでしょ、これ!」息子談

わたしは、「何か」2をありがたく頂くことにした。
思いがけない子どもからのクリスマスプレゼントだった。

子どもは自由だ。
子どもが、身のまわりの素材を使って自由に物を作るさまを見ていると、大人のわたしなどは、言い訳出来ないよなぁ、と思ってしまう。

記念撮影!
2013-12-24 at 19.53.43

コメント

タイトルとURLをコピーしました