夏と一体化している

スポンサーリンク

2013-08-04 at 07.53.49
【写真/2013年8月4日 7時53分の裏庭】

蝉の声を聞きながら、畳の上に寝そべっていると自分も夏と一体化してくる。
人間は、暑い暑いとぐったりとしているのに蝉はみんみんと鳴いて元気だ。

撞鐘もひびくやうなり蝉の声 松尾芭蕉

撞鐘(どうしょう)とは、釣り鐘のこと。
昔から蝉は、夏を連れて来た。
蝉の声はけたたましくてわたしは静かにしているのに、畳の上に寝そべっていると、いつの間にか一体化している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました