児童書のおすすめ本59選

四十才はおっさんだと思っていたけれど

小学生の頃、四十才くらいの男の人を見ると

「おっさんだなぁ」

と心から思っていたけれど、自分が四十才になってみるとやっぱりおっさんだった。

一つだけ思い描いていた「おっさん」と違う点は、見た目以外中身はさほど小学生の頃と変わっていない点だ。
いまだに沢ガニを採ったりすると夢中になるし、宇宙人がいると信じているし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA