児童書のおすすめ本59選

名言集:銀河英雄伝説6 飛翔篇

言葉のロゴ

本の感想:銀河英雄伝説6 飛翔篇
田中芳樹(著)

銀河英雄伝説〈6〉飛翔篇 (創元SF文庫)

この巻あたりでは、著者はヤン・ウェンリーに言葉を託しているような気がしてならない。

“軍隊とは一国内における最強の暴力組織である”

「信念とは、あやまちや愚行を正当化するための化粧であるにすぎない。化粧が厚いほど、その下の顔はみにくい」

ヤン・ウェンリー

「そんな生活のどこに正義がある?貴族とは制度化された盗賊のことだ、と、まだ気づかないのか。暴力で奪うのは悪だが、権力で奪うのはそうではないとでも思うのか」

ロイエンタール

“戦略とは状況をつくる技術。戦術とは状況を利用する技術”

不本意な死にかたをしいられることと、不本意な生きかたを強制されることと、どちらがまだしも幸福の支配領域にちかいといえるのだろうか…。

 

“人類の手足は伸びすぎて、揺籃(ゆりかご)へはもどれない”のだ。地球に人類の過去はあっても、未来はない。

人類が主権国家という麻薬に汚染されてしまった以上、国家が個人を犠牲にしない社会体制は存在しえないかもしれない。しかし、国家が個人を犠牲にしにくい社会体制には、志向する価値があるように思えた。

ヤン・ウェンリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA