名言集:『エリア88』国と平和

スポンサーリンク
言葉のロゴ 言葉

なにもしないで
手にいれる平和は
なにも知らされないで
奪われる平和だと
いうこと…

『エリア88』風間 真

戦争で一番恐ろしいのは、
大義名分のもとに、
人間の命が軽んじられると
いうことだ!

盗むな… 壊すな…
殺すな… 人が生きるために
守るべき三大原則が
いとも簡単に破られる…

野生の動物たちは
生きるためにほかの動物を
殺して食う…

罰せられないのは
法律がないからだ…
という…

では、そのたいそうな
法律をもっていても
殺しあいする
人間はどうだ……

これは、動物以下と
いわれても
しょうがない!

『エリア88』ローラン・ボッシュ

彼らが好きなのは、国という組織構成とか思想がどうこういうわけではないでしょう。
風土や気候やもろもろの風のにおいや…
そんなものが…

確かにな…
人にとって国とはそういうものかもしれん…

土ですよ、国は…

『エリア88』サキとラウンデルの会話

『エリア88』は、新谷かおるによって描かれた国と戦争を扱った本格傭兵戦記漫画。
1979年の作品であるが、2021年の現代に読んでもそのリアリティさは失っていないと思う。(正直その画から考えられない程、話は重い)

エリア88とは、中東国アスランの外人部隊が配属されている空軍基地の名称。
主人公は、日本人パイロットの風間 真(かざま しん)。

キャラクタの画風から一瞬少女漫画?と考えてしまうが、戦闘機や兵器などの緻密な描写と息もつかせぬストーリー展開に圧倒させられるはず。また登場人物たちのセリフは、敵味方含め考えさせられるものが多い。
ストーリーもそうだが、その終わり方が素晴らしい。

Amazonで『エリア88』を検索>>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました