光陰矢の如し

スポンサーリンク
アイキャッチ未登録画像 そういう気持ち

久しぶりに晴れた日ではあった。
しかし風がめっぽう強く、花粉も相当飛んでいるのだろうと思ったが、わたしは花粉症の症状がいまだに出てこないので実の所良く分からない。

春で風が強くて、という日はこれまで何度も経験してきた。
木や草や花が大きな風で一斉に揺れ動くのを目の当たりにすると、わたしは決まって胸騒ぎにも似た感情が沸き起こってくる。一体ぜんたいここに居て良いのだろうか?というような感情だ。何かしなければ、と思うのだが何も出来ない。ただ、ただ風に煽られる木々を見るのみ。

風に揺れる木々はかなしい。そうした事を毎年この時期繰り返して、もう何年も経つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました