人間50年

スポンサーリンク
言葉のロゴ 言葉

「故事ことわざ辞典」という本に

人間五十年(にんげんごじゅうねん)

という言葉が載っていた。

意味は読んで字のごとく

人間の寿命はわずか50年にすぎないということ

とある。

なんでも織田信長が好んだ舞の一節らしく「人間五十年、化天(けてん)の内を比ぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を受け滅せぬ物のあるべきか」と続くらしい。

わたしはすでに50歳を過ぎている。
生まれた時代が織田信長のいた時代なら、三途の川を渡った向こう岸にいる頃だろう。
50歳を過ぎた今の人生、夢みたいなものか。夢なら夢としていい夢をみたい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました