人は自らしたことを忘れる

提出物を忘れたり、期日を守れない学生がいる。
簡単に「忘れました」とか「すいません」などと言う。その実、同じことはまた繰り返される。授業中に寝ている学生は、大抵同じ連中である。

学校で苦手な授業や行事などがあると、その時だけ遅刻や欠席したりする学生。
わたしはそんな学生を見て、「何を考えているんだろう、あいつは」とか「将来大丈夫だろうか」などと思ったりする。

そうして考えたあと、ハッと気づく。
わたしが叱ったり、腹を立てたり、心配したりしている目の前の学生は、かつての自分自身だということに。

人は自らしたことを忘れる生き物だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA