人々の生活を変えた一番の立役者はコロナ大統領

スポンサーリンク
アイキャッチ未登録画像 そういう気持ち

アメリカのトランプ大統領は色んな意味で凄い政治家だった。
世界の意識を変えた大統領だったかもしれない。しかし、トランプ大統領以上に人々の生活を根本から変えた凄い奴がいる。
COVID19、通称コロナ。コロナ世界大統領といってもいいかもしれない。

コロナ大統領は民衆に依存する特異な性格を持つ大統領だ。
依存しているだけでなく、時には民衆を殺してしまう。任期は今のところ分からない。未定だ。(もしかすると無期限かもしれない!)

独裁者でもあるコロナ大統領は、強制マスク令を発動させた。
これは人々の顔というか表情を隠すことに成功した。マスク好きの日本人にはさほど心的ダメージがなかったようだ。しかし欧米人には効果があったようだ。

ソーシャルディスタンスという人々の間に見えない壁を作る事にも成功した。
新世紀エヴァンゲリオン風に言うなら、ATフィールド(心の壁)を作る事に成功したと言える。この見えない壁の心的影響は、今後何年後かに明らかになるだろう。特に思春期の児童への影響は計り知れないと言える。

コロナ大統領は怠け者には大人気だ。
「少し熱があります」とか「ちょっと昨日から咳が…」などと偽って会社を何日も休むことが出来るからだ。
もうけの少ない自営業の方からも、コロナ給付金のおかげで営業するよりお金が入ったなんて声も聞こえる。

何やら近頃、ノーベル平和賞候補にコロナ大統領の名前が挙がっているとのこと。
候補理由は、一人で世界中の敵役を引き受けたという懐の広さであるらしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました