ラズパイ:ターミナルから時刻を変更する

スポンサーリンク
ラズベリーパイのロゴ Raspberry Pi

時刻の変更は、Linuxでおなじみのdateコマンドを使う。

使い方

sudo date -s "HH:MM:SS MM/DD/YYYY"

例えば、2021年3月18日21時47分に合わせたいなら

sudo date -s "21:47:00 03/18/2021"

とする。

ディスプレイを接続せずにセンサープログラムなどでラズパイを利用している場合、常にインターネットに接続しておく必要もない。ただインターネットに接続していれば自動的に時刻を修正してくれるのだが、ネット環境が無い場合だと時刻がずれていたりする

わたしの場合、いらなくなった古いルータをラズパイにつないでおき同じくそのルータに別のノートパソコンをつなぐ。(ラズパイを固定IPアドレス設定にしておく必要があるが)

TeraTermなどのソフトでパソコンからラズパイにIPアドレスでログイン。
ターミナルから上記のdateコマンドで時刻を修正している。


コメント

タイトルとURLをコピーしました