ユニオンバンクを解約したときの海外送金手数料

スポンサーリンク
IT知識

米国のユニオンバンクを解約して三菱UFJ銀行に送金したときに掛かった海外送金手数料のメモ。
結論からすると、 474843円 振り込まれるのに8500円掛かった。

口座にあった残高

米ドルで$4302.44

口座解約手数料

内訳は分からないが $40 掛かった

手数料は残高から差し引かれる

4302.44 – 40 = $4262.44 これが口座の最終残高となった

送金額

ドルを円で受け取りたいため、現在の相場で円換算してもらった

円相場が 1ドル=112.34円 のため

4262.44 × 112.34 = 478842.5096 ⇒ 478843円送金額となった

送金手数料

海外送金手数料の合計 4000円 実際に送られてきた内訳画像はこちら

最終的に

478843円 – 4000 = 474843円が振り込まれた

ドルの残高の時点で40ドル差し引かれているためこれを円換算すると約4500円ほど。
よってトータル8500円ほど手数料として掛かった感じ。

解約するまでにユニオンバンクから確認の電話が2回あった。
どちらの電話も解約書類に書いてあることを本人に確認するような内容だった。(銀行のSWIFTコードは?口座番号は?送金先の口座の支店住所は?などなど)

2回目の確認電話が最終確認だったようで、最終確認から2日後に日本の口座に送金されていた。

解約書類の書き方例は以下記事参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました