プレミアム感

プレミアム感の画像

温泉旅行などに行ったとき、お土産物屋で売っている地酒を買って来て、家で飲んだことがある。
「地酒」などと印字された大そうな箱に入ったお酒は一見して特別感が漂っているが、飲んでみると大したことはない。見た目に惑わされて買ってしまっているだけである。(この場合、旅行に行って浮いた気分であることもあるが)

ゴディバのチョコレートなんかもしっかりとした箱に丁寧に一粒一粒入っている。でも食べてみると値段のほどでもないのだ。(チロルチョコの方がよっぽど美味しいと思う)
プレミアム感を出すには、高級そうに見える箱や見た目の演出が必要なようだ。

ヤクルトを飲んだ後、生クリーム大福を食べながらお茶を飲んでいる最中に思いついたのがこの透明なシェルターに包まれたヤクルトだ。
温泉ホテルのお土産物屋にこれが置いてあったら、たぶん買ってしまうだろう。(少なくともわたしは買う。「イチゴミルク味なんですか?」と聞きつつ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク